突然の吐き気から凄まじい快感へ

焚火

 

これは、山仲間の体験話。

 

秋の山で単独行していた時のこと。

 

夜、焚き火の前に座っていると、突然猛烈な吐き気に襲われた。

 

とても堪らず、夕食に食べた物をすべて盛大に地面の上に吐き戻してしまう。

 

嘔吐(えず)き終わると、吐き気は嘘のように消え去った。

 

大きく息を吐いて安堵していると、背後の藪から声がする

 

「あ~、すっきりした」

 

慌てて藪の中を確認したが、そこには誰の姿も見つけられなかった。

 

その夜は落ち着かないまま過ごし、朝を迎えたのだという。

 

次の夜、昨晩のことを思い出しながら、そこはかとなく不安になっていると…。

 

背後で何者かの気配が沸いた。

 

振り返るよりも早く、背筋を電気が走り抜ける。

 

“凄まじい快感”が彼に襲い掛かったのだ。

 

「!!!!!」

 

声にならない叫びを上げて、意識がブツリと途切れる。

 

気がつけば、テントの前で俯せに倒れていた。

 

短い時間だが失神していたらしい。

 

しばらく立ち上がることが出来なかったそうだ。

 

「おれいね」

 

何処からかそんな声が届いたが、気にする余裕もなかったという。

 

「凄かった…。本当に凄かった。今も思い出そうとするだけで、色々と大変なことになりそうなんだ。下着とズボンを川で洗う羽目になったのは哀しかったけど…」

 

切なそうにそう語る彼の前で、私は一体どんな顔をしていたのか。

 

今でもそれが気になって仕方ない。

 

考察(あとがき)

吐くのを手伝った体になった為、次の日の快感は「お礼ね」だったのか?

 

しかし、成人男性が失神するほどの快感ってどんなものなのだろうか。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年11月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ