深夜に鳴った携帯の用件

トルルルル・・・・・・・・。

 

夜中に携帯が鳴る。

しかも真夜中3時だ。

 

ほっといて10秒ほどすると、

自動的に留守電になり、切れた。

 

寝ぼけ眼で着信を見ると、

知り合いのSだ。

 

頭にきて、文句を言おうと

かけ直してみる。

 

すると、聞き慣れない

年輩の声が聞こえる。

 

「・・・・・・もしもし」

 

拍子抜けして、

答え返す。

 

「あれ?・・・Sじゃないですか?」

 

「はい?・・・

 

Sさんは2時間前に交通事故が原因で

先ほど亡くなりましたました。

 

わたしは●●警察の

交通課の者です。

 

失礼ですが、

ご友人の方ですか?」

 

しばし絶句した。

 

「今しがたその携帯で、

この番号にかけましたか?」

 

「・・・かけてませんけど。

 

私も、遺品のジャケットが震えてるんで、

何かと思ったら携帯が出てきて・・・」

 

なにか、狐につままれた

ような気がした。

 

遺族も帰ってしまったところ

だという。

 

とりあえず明日、

またかけ直すということで、

 

警官と話をして

電話を切った。

 

切った直後、

 

携帯の『留守電有』の表示が

出ているのに気づいた。

 

恐る恐る、

再生電話番号を押してみた。

 

「●月●日、午前1時25分1件です。

ヴワァァァァァァァァーーーーー!!」

 

普通の人間なら

息が続かない3分間、

 

音声が割れるほどの

絶叫が続いている。

 

気味が悪くなって、

すぐに消した。

 

Sが知らせたかったのは

ダイイングメッセージではなく、

 

「死の瞬間」

 

そのものだったのだろうか・・・。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ