童謡やわらべ歌の真意とは

今から約15年程前に見た、

嫌な夢の話です。

 

地方出身の私が、

 

再就職で関東のC県I市に

就職する事になりました。

 

私のために、職場のオーナーが

アパートを用意してくれました。

 

そのアパートは、

 

大家さんの自宅の一部を

貸し部屋にしたような感じでした。

 

玄関を入るとすぐにトイレがあり、

台所と4畳半の部屋。

 

そして、私が

寝室に使っていた部屋。

 

造り自体は普通の安い

賃貸部屋という感じでした。

 

最初に感じたのは

風呂が無く不便な事と、

 

風呂が無いのに、なぜ

こんなに湿気があるのか?

 

と思いました。

 

2週間ほどしたある日、

妙な夢を見ました。

 

今でも鮮明に覚えていますが、

 

ボロボロの服を着た

顔と頭だけが妙にデカイ子供たちが、

 

「かごめかごめ」を歌いながら、

 

寝ている私の布団の周りを

グルグルと何周もしているのです。

 

職場の後輩に

その事をしゃべったら、

 

「あの部屋は気持ち悪いし、

何か感じるよ」

 

と言われ、

 

その日から後輩のアパートで

生活する事になりました。

 

何年か後に田舎に戻り、

 

ある日オカルト話になった時に、

私はその話をしました。

 

その時、

ある友人がこう言いました。

 

童謡やわらべ歌には

妙な意味があったり、

 

呪文の様な意味が

込められたりしてる、

 

って事を

本で読んだことがあるよ。

 

そう言われた時は

マジでビビリましたよ。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ