ある国道の緩やかなカーブで見えるもの

 

国道5号線の小樽方面へと向かう、

とある緩やかなカーブは事故が多い。

 

それは霊的なものというわけではなく、

 

国道で100キロ出すのが普通という

北海道の交通事情と、

 

ブラックアイスバーンによるものだ。

 

数年前の話になるが、

 

そのカーブで友人が

スリップ事故を起こしている。

 

歩道側に乗り上げたが、

 

夜間ということもあり

幸い人身被害はなく、

 

後続車と若干接触して、

 

リアに凹み傷を付けた

程度で済んだ。

 

その友人が言うには、

 

事故当時、

 

カーブに差し掛かったところで

異様なものを見つけ、

 

それに気を取られて

事故を起こしたらしい。

 

カーブの路側帯に沿って

何人もの人が列を成していた、

 

というのだ。

 

その人たちは揃って車道側を向き、

手招きのような仕草をしていたらしい。

 

そこで亡くなった人たちが

仲間を増やそうとしている系の話か、

 

と私が言うと、

友人は違うと言った。

 

その手招きの行列も妙だったが、

 

友人が気を取られたものは

別のものだったのだ。

 

手招きの行列より上、

 

歩道より奥の山の辺りに

女性が立っていたという。

 

その場所に立っているということは、

つまり空中であり、

 

何より、とんでもない巨人

ということになる。

 

友人が言うには、

 

写真で人物だけを切り取って

山の辺りに貼り付けた、

 

ように見えたという。

 

友人は手招きの集団ではなく、

その女が『引っ張った』んじゃないか?

 

と話していた。

 

それからしばらく後のことだ。

 

私が深夜に同じカーブを

通った時のことである。

 

友人の話を思い出した私は、

 

速度を落としながら

路側帯に目をやった。

 

驚いたことに、

 

友人が言っていたような

行列が目に入った。

 

ただ違うのは、

 

彼らは誰一人として

手招きなどしていなかった。

 

そして、

 

山の方に立つ女も

居なかった。

 

表情は無く、

 

ただこちらをじっと見つめて

いるような気がした。

 

カーブはそれほど

長いものではなかったが、

 

すごく長い時間を走っていた

ように思う。

 

嫌な感じを受けつつも、

 

結局、私は何事もなく

カーブを抜けた。

 

しかし、

その瞬間だった。

 

カーブの終端と同時に

途切れていた行列、

 

その最後尾。

 

そこに真っ黒な服を着た

女が立っていて、

 

すれ違いざまに『ニヤ』っと

笑ったのだ。

 

なぜかその女の顔だけが、

はっきりと見えたように思えた。

 

そして、

あっ!と思った次には、

 

リアのタイヤからぎゅるんという

空回りする音がして、

 

私の車は逆向きになって滑り、

歩道側面の石壁に接触していた。

 

まずいな、

と思って顔を上げると、

 

そこには行列も女の姿も無かったが、

ただ一言・・・

 

「またか」

 

と女の声がどこかから聞こえた。

 

幸いなことに人通りも他の車もなく、

単独事故で済んだが、

 

駆けつけた警官に

前方不注意で咎められ、

 

「スタッドレス替えたばっかり?

下手したら死んでたよ」

 

と言われた。

 

あれからは、

その行列も女も見ていない。

 

あれが何だったのかも

分からないままだ。

 

ただ、その後も時折、

そこでの事故の話を聞く・・・。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ