よからぬ噂のある埠頭の近くで

埠頭

 

ふと思い出した昔の話。

 

数年前、

 

我が家の修羅場中に突如

息抜きをしようということになり、

 

友人とドライブに出発した。

 

時間は多分、

夜中の三時か四時くらいだ。

 

適当に市内を走っているうちに、

 

これまた唐突に「海(埠頭)に行こう!」

ということになった。

 

海の近くは工場地帯で、

 

昼はトラックの往来が多いが、

逆に夜はほとんど車は通らない。

 

道幅も広いし、

真っ直ぐな道も長く続くので、

 

週末なんかは走り屋なども集まる。

 

しかし、その日は週半ばの平日で、

走っているのは自分たちくらいだった。

 

修羅場中でテンションが上がっていた

せいもあって、

 

妙なノリで埠頭を目指していたら、

 

途中の信号で止まった時に、

一台の車に出会った。

 

車種や色なんかはよく覚えていない。

 

でもライトバンっていうのかな、

普通の車よりちょっと大きかった。

 

自分は助手席にいて、

 

信号が変わるまでなんとなく

その車を眺めていたんだけれど、

 

そのうち乗っている人に、

なんだか妙な違和感を覚えた。

 

なんだろうなあと思っていると、

違和感の理由に気付いた。

 

後部座席にいる男の顔の下半分だけが、

妙に黒かったんだ。

 

なんで黒いんだ?

と思わず凝視していたら、

 

見ていることに気付かれた。

 

そうしたら、

物凄い目を向けられた。

 

まさに『必死』という感じの目。

 

それだけじゃなくて、

 

窓に顔を押し付けるようにして

こっちを見てきた。

 

窓にべったり顔をくっ付けていたから、

 

男の口元には黒いガムテープが

貼られているのも見えた。

 

さすがにビビっていたら、

突然その男が窓から消えた。

 

多分、その後部座席にいた他の人に、

窓から引き離されたんだと思う。

 

それと同時に、

車は急発進して走っていった。

 

(信号はまだ赤だった)

 

その車が向かったのは、

自分らも行こうとしていた埠頭の方角。

 

ちなみに、

その埠頭は潮の流れが複雑らしく、

 

落ちたら浮かんで来ないとかで、

ある種の心霊スポットだったけれど、

 

地元のヤ●ザが死体を始末する

場所のひとつだという噂もあった。

 

平日の真夜中に、

 

ガムテープで口を塞がれた男を

乗せた怪しい車が、

 

死体を沈める場所だという噂のある

埠頭に向かうのを見たら、

 

さすがに行く気が失せた。

 

友人共々それまでのノリも一気に冷めて、

大人しく家に帰って修羅場に戻った。

 

実際のところ、

 

あれがなんだったのかは

よく分からないけれど、

 

今でも思い出すと、

背筋が薄ら寒い気分になる。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ