家の蔵で見つけたひょっとこのお面

俺の爺さんには

従兄がいたらしいんだが、

 

10代前半で亡くなっている。

 

それが、どうも不自然な

死に方だったというので、

 

死んだ当時は親戚や近所の連中に、

色々と騒がれたんだそうだ。

 

戦後すぐの、

物がない時代のある日。

 

その従兄は友達と何か、

 

売ったり食べ物と交換したり

出来るものはないかと、

 

実家の蔵の中を漁っていた。

 

その従兄は

うちの本家の人間だったので、

 

蔵にはガラクタとも

骨董品ともつかないものが、

 

ゴチャゴチャとあったらしく。

 

その中から何か見つけてやろうと

思ったらしい。

 

探しているうちに、

ひょっとこのお面を見つけたそうだ。

 

そのお面が気に入ったのか、

 

従兄はそれを被って通りに飛び出し、

デタラメに踊りだした。

 

もちろん、一緒に居た

友達連中にもバカ受け。

 

ひとしきり大騒ぎして、

 

そのまま夕方までひょっとこの面を被って

遊んでいたらしいんだが・・・。

 

そのうちに従兄が

何かに躓いたか、

 

突然転んで道に倒れて、

動かなくなった。

 

最初はふざけてるのかと思ったが、

 

呼んでも揺すっても返事がないので

様子がおかしいと思い、

 

本家の座敷に連れて帰った。

 

倒れたままの状態で

身体はほとんど動かないが、

 

微かな声で

 

「面を・・・面を取ってくれ・・・」

 

と呻くのが聞こえる。

 

慌ててひょっとこの面を取ると、

 

顔色は土色、

唇は紫、

 

すっかり生気がなくなっていて、

まさに死人の顔だったという。

 

もうほとんど呼吸もはっきりしない

状態の従兄を見て、

 

家族も半ば覚悟して

医者を呼んだ。

 

従兄が倒れてから医者が来るまで、

実に30分と経っていないはずだった。

 

しかし、駆けつけた医者は

従兄を少し見てすぐに、

 

厳しい表情で家族に言った。

 

「亡くなって半日以上経つのに放置とは・・・

感心出来ませんな」

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ