お供えものを持って帰ったら

3年前、

 

俺が高校生の時に

友人から聞いた話。

 

友人と、その兄夫婦と姪っ子で、

山陰の海に遊びに行ったらしい。

 

海の家とかある海水浴場から

少し離れた人の少ない穴場の砂浜に、

 

その年も行ったそうだ。

 

泳いでいると、

姪っ子(確か6歳くらい)が、

 

「お兄ちゃーん(友人)

こんなとこにおもちゃがあるでー」

 

とか言うので行ってみると、

 

岩場の影に花束やジュース、

おもちゃが供えてあり、

 

線香の燃えカスなども

あったらしい。

 

「触ったらダメだよ」

 

と友人は注意した。

 

兄夫婦もそれに気がついて、

 

なんだかみんなして気味が悪くなって、

その日は早めに帰宅したそうだ。

 

前日の疲れからか、

 

次の日から姪っ子は

熱を出してしまい、

 

2日ほど寝込んだ。

 

が、海に行って3日後に

熱も冷め、

 

夕食後、久しぶりに

お風呂に入ったそうだ。

 

しばらくして、

 

風呂場から聞こえてきた

兄嫁の悲鳴で慌てて駆けつけると、

 

姪っ子が風呂桶に頭を突っ込んで、

もがいている。

 

何かに頭を引っ張られるように

お湯に頭を浸け、

 

足をばたばたさせているのだが、

 

風呂桶の中には当然、

何も無い。

 

みんなが呆然としていたが、

 

兄がはっと気が付いて

風呂の栓を抜いたが、

 

なぜか、お湯が少しも

減らなかったそうだ。

 

大人3人で何とか引きずり出した

姪っ子は、うわ言のように、

 

「ごめんなさい!ごめんなさい!!!」

 

と、何かにしきりに

謝っていたそうだ。

 

落ち着きを取り戻した姪っ子に、

兄が何があったのかを聞いた。

 

姪っ子は、

 

あの海岸に供えてあった

リ○ちゃん人形がどうしても欲しくなり、

 

こっそり持って帰っていたらしいのだ。

 

それを誰かが取り返しに来た、

と言っていたらしい。

 

その子に髪を引っ張られていたと。

 

確かに姪っ子の髪の毛は、

所々が束で抜けてしまっていたそうだ。

 

風呂桶の中には沢山の髪の毛と、

なぜか少しの砂が溜まっていたらしい。

 

夜のうちに、

そのリ○ちゃん人形、

 

コンビニで買えるだけのお菓子と、

おもちゃを持って、

 

件の海岸に行った。

 

家族みんなで謝ったそうだ。

 

翌日、御祓いをしてもらって、

それ以後は何もなかったらしい。

 

何日かして、

友人の家に遊びに行ったら、

 

その姪っ子を見かけたんだけど、

女の子なのに髪の毛を剃られていた。

 

拝み屋さんにそうするように

言われたそうだ。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ