布団を捲ったのは誰なのか

まだ俺が幼稚園の頃、

 

父親と母親が仲悪くて、

毎晩ケンカしていた。

 

だけど父は暴力的だったので、

母はいつも泣いてた。

 

それで父を避けるように、

 

毎晩、父が帰ってきたら

自分たちを連れ、

 

寝室で明かりを消して

寝たフリをしていた。

 

とある日も、

 

ドアをガチャガチャし始めて

乱暴に家に入ってきたので、

 

自分たちは寝たフリをしていた。

 

部屋の前で足音が止まって、

バタンと乱暴にドアが開いた。

 

自分たちは身動きもしないで、

布団の中で怯えていた。

 

すると、

 

寝ているのを確認するように、

布団を捲って覗き込み始めた。

 

寝ているのを確認すると、

 

再び玄関を開けて

外に行ってしまった。

 

酒を飲みに行ったんだろう

と思ってたら、

 

10分くらいして父が帰ってきた。

 

そして、またこっちの部屋の

ドアを開けて、

 

「おい、寝るなら玄関の鍵くらい

掛けておけ」

 

と言った。

 

母は少々怒りながら、

 

「あんたが今、鍵掛けずに

外に出て行ったんでしょうが」

 

と言うと、

 

「俺は今、帰ってきたんだよ」

 

と父が言った。

 

『え?』

 

じゃぁ・・・あの時、

布団を捲ったの誰だったんだろう・・・。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。

ピックアップ③

アクセスランキング

このページの先頭へ