毎晩3時に人形が向かってくる

あれは、僕が幼い頃(5~6歳)

の体験です。

 

僕の家には和室があるのですが、

その部屋には京人形らしきものがあります。

 

その人形の話なんですが、

毎晩、動くんですよ・・・。

 

幼い頃はいつも22時頃に

寝ていました。

 

そして、僕はかなりの

おばぁちゃんっ子だったので、

 

その部屋で一緒に

寝ていたんです。

 

毎晩のように、

 

3時になると目が覚めて

廊下を見ると、

 

奥からその人形がこちらに向かって

歩いて来るんです。

 

怖くなって僕は、

 

「おばぁちゃん!人形が・・・!!」

 

と言って起こすと、

 

おばぁちゃんは

廊下に向かって行き、

 

その人形を押し返すような

仕草をするんです。

 

すると人形は、

 

また廊下の奥の方へ

消えていくんです。

 

朝になってその人形を見ると、

 

いつものように、ショーケースに

収まっているのです。

 

それが、毎晩のように

続いたんです。

 

あれから10年以上過ぎたある日、

 

おばぁちゃんと家族で、

怪談というほどのものでもないですが、

 

そういった話をしている時に、

 

そう言えば僕は、幼い頃に

人形が来る夢をよく見ていたよ。

 

と家族全員に言うと、

おばぁちゃんが、

 

「そういや~アンタは小さい頃、

人形がくる!人形がくる!って言うから、

 

おばぁちゃん、

毎晩3時頃に起こされて、

 

見えもせぇへんもんを

押し返しとったわ!

 

って言ったんです。

 

僕は凍りつきました。

 

「アレは夢じゃないんだ・・・」

 

というような体験です。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ