ゴミと一緒に捨てた人形のメリーさん

あるマンションの13階に住む

若い女性が部屋の整理をしていた。

 

押入れの奥を片付けていた彼女は、

そこで古い人形を見つける。

 

それは、彼女がまだ幼かった時に、

祖母から買ってもらった人形。

 

「メリーさん」と呼んで、

大事にしていた人形だ。

 

しかし、

 

長い間その存在を忘れられていた

メリーさんは埃にまみれ、

 

見る影もないほどに

薄汚れてしまっている。

 

この人形をどうしようか・・・

 

しばらく悩んだ彼女は、

 

結局、この汚い人形を

他のゴミと一緒に捨てることにした。

 

その翌日のこと。

 

彼女の家に電話が掛かってきた。

 

相手の声に聞き覚えはないが、

 

声からすると、どうやら

小さな女の子からのようだ。

 

「もしもし、私よ。メリーよ。

何で私を捨てたの?

 

必ずこの恨みを晴らすために、

あなたのもとに帰るから」

 

それだけを一方的に告げると、

電話は切れた。

 

彼女はゾッとしたが、

 

誰かのいたずらだろうと考えて、

余り気にしないことにした。

 

ところが、そのわずか5分後。

 

またもや彼女の部屋に、

電話のベルが鳴り響く。

 

今度の電話も、やはりあの人形を

名乗る少女からであった。

 

「もしもし、

 

今あなたのマンションの

前まで来たわ。

 

もうすぐ会えるわね」

 

それから5分経つと、

また電話が掛かってきた。

 

「もしもし、

今あなたのマンションの2階よ。

 

もうすぐ会えるわね」

 

それからも規則正しく5分おきに、

電話は掛かってくる。

 

「もしもし、今あなたのマンションの3階よ」

「もしもし、今あなたのマンションの4階よ」

 

もう彼女は怖くて電話に出ることが

出来なかったのだが・・・。

 

人形はそれでもお構いなしに

電話を掛け、

 

留守番電話に一方的に

メッセージを残していった。

 

「もしもし、今あなたのマンションの10階よ」

「もしもし、今あなたのマンションの11階よ」

「もしもし、今あなたのマンションの12階よ」

 

ついに人形は彼女が住む部屋の、

すぐ下の階にまで迫ってきた。

 

彼女は逃げ出そうかと思った。

だが、もう遅すぎる。

 

再び電話のベルが鳴り、

 

留守番電話にこんなメッセージが

吹きこまれたのだ。

 

「もしもし、今あなたの家の前よ。

居留守を使ったってダメよ。

 

そこにいるのは、ちゃ~んと

分かっているんだから」

 

彼女は心臓が止まりそうなほど驚き、

 

何もすることが出来ずに、

ただその場にうずくまり震えていた。

 

それから、また5分が過ぎる・・・。

 

再び電話が鳴り、

 

あの人形の忌まわしい声が

彼女にこう告げた。

 

「どうして開けてくれなかったの?

でも、もういいわ。わかる?

 

わたしは今、

あなたの後ろにいるのよ

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ