死を告げるブサイクな友達

ある所に、凄くブサイクな

女の子がいました。

 

彼女は、とても性格の

優しい子なのだけど、

 

顔がもの凄くブサイクだったので、

いつも彼氏に酷く扱われていました。

 

彼女には仲の良い友達がいて、

いつもその友達に、

 

彼氏の自分に対する

酷い仕打ちを打ち明けて、

 

慰めてもらっていました。

 

その友達は、

 

「でも私はブサイクだから」

 

と彼女が言うのを、

 

「そんな事ないよ。それに、

あなたはとても優しいんだし」

 

と慰めていましたが、

内心では、

 

「でもそんなにブサイクなんだから

仕方ないよね・・・」

 

とも思っていました。

 

夜中の0時、

 

彼女の死んだ時間になった瞬間、

 

「ダン!」

 

と凄い音を立てて、

 

壁に掛けていた彼女の遺影が

床に落ちたのです。

 

でもそれっきり、その日は

何も起こりませんでした。

 

彼女に酷い事ばかり

していた彼氏に、

 

何か彼女の罰が下ると

思っていた友達は、

 

なんだか拍子抜けしました。

 

でも、その友達は今、

毎日とても怯えて暮らしています。

 

なぜなら、

 

あのお通夜の日以来、

 

毎日、夢の中に彼女が出て来て、

こう言うのです。

 

「あと○○日。あと○○日で、

あなたは私の所に来るのよ」

 

その日付が終わった日に

自分は死ぬのだと、

 

その友達は言い張るのです。

 

夢で見た怖い話。

 

ブサイクな彼女は、

自分を惨く扱った彼氏よりも、

 

優しい振りをして内心では

自分を見下していた友達の方を

 

恨みに思っていた。

 

・・・というニュアンスでした。

 

夢にしては筋の通った話に

出来上がっているのが怖いです。

 

何か似たような話をどこかで聞いて、

夢の中に出てきたのかなあ・・・。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ