とある合同庁舎の怪奇現象

九州南部のいくつかの役所が

入居している、とある合同庁舎。

 

隣接していた空地は、

 

戦時中に空襲を受けた

女学校の跡地、

 

といった噂があった。

 

この空地に、

 

スーパーマーケットが

建てられた頃から、

 

合同庁舎に奇怪な事件が

起こるようになった。

 

入居している官庁の所長室に、

 

ある日、ふらりと

見知らぬ女性が訪れた。

 

昼間の事である。

 

所長はソファを勧めて

話を聞いたが、

 

見たところ、

若そうな女性なのに、

 

「この近くには以前、

○○の工場があった」

 

などと、

 

随分と昔の話をするので

妙な気がしていた。

 

所長は部屋から顔を出して、

庶務係の職員に

 

「お茶を二つくれ」

 

と、頼んだ。

 

すると、職員は

怪訝そうな顔をして、

 

「どなたの分でしょう・・・?」

 

と訊いた。

 

何を分かり切ったことを、

と所長が部屋の中を振り返ると、

 

女性はかき消すように

居なくなっていた。

 

所長室に入るには、

 

庶務担当の前を

通らなければならない。

 

が、誰に訊いても

そのような女性は通らなかった、

 

とのことであった。

 

同じ庁舎で、

 

夜間に二人の職員が宿直室に

泊まり込んでいた時のこと。

 

布団を被って寝ていると、

 

何者かが布団の上を

乱暴に歩き、

 

職員を踏み付けにして

通って行った。

 

大勢の人間のようであったが、

闇の中のことであり、

 

何者であるか確かめることは

出来なかった。

 

謎の行進はしばらく続いたが、

やがてぷっつりと気配が消えた。

 

恐る恐る、顔を出して

見回してみると、

 

部屋の中には二人以外、

誰も居なかった。

 

その間、二人は生きた心地も

しなかったそうである。

 

最後の話は霊的現象としては、

少し疑わしい。

 

夜間、

最終退庁者になった職員が、

 

エレベーターで1階に降り、

施錠して外に出たのだが、

 

忘れ物をしたのに気付き、

中に戻った。

 

すると、

 

当然1階に停止しているはずの

エレベーターが、

 

なぜか最上階に

上がっていたという。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ