映画監督H氏にまつわる怪談話

深夜のTV番組で、

 

その日の企画は

怪談だったのですが、

 

その話の中の一つに、

 

映画監督のH氏にまつわる

話がありました。

 

ある時、H氏は

スランプに陥っていました。

 

幾ら悩んでも、

 

全く次回作のアイディアが

浮かんできませんでした。

 

そんな中、

 

自分宛てのファンレターの中に、

一つだけ目に留まった物がありました。

 

その内容は、

 

『ホテルから、こういう道順に

進んでいけば石畳に出るから、

 

その先にいる

子供の後に着いて行けば、

 

貴方の映画は完成する』

 

といったものでした。

 

H氏は、その手紙の指示に

従いました。

 

すると、

 

その手紙通りに石畳があり、

その先には子供もいました。

 

子供は、奥のアパートの

一室に入っていきました。

 

中へ入るのに戸惑ったH氏は、

 

窓の隙間からその部屋を

覗いてみました。

 

そこには、

子供の姿は無く、

 

バスローブを着た女性が

髪をとかしていました。

 

しばらくすると、

 

その女性の後ろから

黒い影が現れ、

 

刃物でその女性に

襲い掛かりました。

 

それを見ていたH氏は、

急いで警察に連絡し、

 

駆けつけた警官と共に、

部屋に入りました。

 

しかし、

部屋の中には誰も居ず、

 

争った跡もありませんでした。

 

警官はH氏に、

 

「映画の制作で疲れている所為で、

何か見間違えたんじゃないですか?」

 

と言い、

その場を去っていきました。

 

数ヶ月後、

 

H氏の映画は無事完成し、

それは見事に大ヒットしました。

 

その映画の成功を祝う

パーティーの最中に、

 

H氏宛てのプレゼントが、

彼の元に届きました。

 

何だろうと思い開けてみると、

それは一本の映画のフィルムでした。

 

早速、私に対する挑戦か?

 

と、その場にいた人達と一緒に、

それを見てみました。

 

そこには、

H氏の姿が映っていました。

 

こんな映画に出た覚えはないぞ?

と思いながら見ていると、

 

「はっ!」

 

と、気が付きました。

 

「これは、ひょっとして数ヶ月前の・・・

そうか、まんまと騙されたという事か」

 

この事をみんなに話し、

 

「監督の私が撮られている事に

気が付かないとは」

 

と、みんなで笑っていた時、

H氏に電話が掛かってきました。

 

「はい、Hですが、」

 

「こちら○○警察ですが、

 

実はあの後、

例のアパートを調べた結果 、

 

あの部屋の床下から、

 

身元不明の女性の

白骨死体が出たのですが・・・

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ