電話の向こうで聞こえていた子供の声が

電話の向こう側で、

 

居ないはずの人間の

声が聞える。

 

という話は沢山聞くが、

 

これもまた、

そういった話の一つである。

 

相方の友人の話だそうだ。

 

仮にKとしておく。

 

高校時代、Kが自室で友人と

電話していた時の話だ。

 

「あれ、誰かいる?」

 

電話口の向こうで

友人が言った。

 

もちろん、

Kは自室に一人きり。

 

特に騒がしく音楽を

流したりしているわけでもなく、

 

テレビをつけている

わけでもない。

 

「誰も居ないよ」

 

「子供いない?小さい子」

 

思わず周りを見回す。

 

当然、子供など居るはずもなく、

首を傾げる。

 

「そっちじゃないの?」

 

聞き返すも、友人は

そんな事は無いと言う。

 

「ほら、やっぱそっちだよ。

そっちで子供の声が聞える」

 

そう言われても、

 

近所の子供の声すら

聞えないこの状況で、

 

どうして電話で聞えるほど近くで、

子供の声が聞えるのか。

 

皆目検討がつかない。

 

「あ、増えたよ。

何か話してる子供」

 

友人の言っている意味が

分からない。

 

分からないだけに、

妙な怖さが湧いてくる。

 

「子供なんて居ないよ!」

 

「でも増えてるよ。

泣いてる子もいる!」

 

友人がその言葉を

口にした途端、

 

電話の向こうで

友人の悲鳴が上がった。

 

と同時に切れる電話。

 

驚いたKは、すぐ電話を

掛け直したが繋がらず、

 

結局、その日は

 

Kに電話が繋がらずに

夜が更けていった。

 

翌日、

 

学校にゲッソリとした顔で現れた

友人から聞いた話によると、

 

電話の向こうで聞えていた

はずの子供の声が、

 

突然、耳元で

聞えたのだという。

 

同時に電気が消え、

 

沢山の子供の笑い声が

部屋中に響き渡った。

 

友人の意識がもったのは、

そこまでだったそうだ。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ