本当に霊が見える人の話し

霊が見える、

霊感がある。

 

言うだけはタダだ。

 

この人は本当に

見えてる人なんだと、

 

俺の母が実感した人がいた。

 

母の職場仲間の

あるおばさんの話なのだが、

 

そのおばさんはいわゆる、

見える人だというのだ。

 

今まで様々な場所で、

 

この世の者ではない何かを

目撃しているという、おばさん。

 

このおばさんが「見た」

という場所のひとつに、

 

祖母の実家近くの

バス停の話があった。

 

公民館の前、

 

道を挟んだ場所に

バス停がある。

 

おばさんは、このバス停に立つ

五人の老人を見た。

 

誰もかれも皆青白い肌で、

目はどこか遠くを見つめるように、

 

横一列に五人並んで

道路の方を見ていたのだという。

 

おばさんは一目見て、

 

老人達はこの世の者ではない、

と分かったそうだ。

 

その話を聞いた母は、

身震いがした。

 

これは、地元の人間にしか

分からない話なのだが、

 

その公民館が建設される前、

そこには墓地があったという。

 

気配を感じる事がある

という母も、

 

その一帯はあまり

好きになれないらしいが・・・。

 

あぁ、この人は本当に

見えている人なんだ。

 

母は思わず頷いたという。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ