野山で遭遇した黒い牛

鈴

 

今は昔。

 

頃は春。

 

まだ幼稚園に上がる前、

 

初めて田舎へ

一人旅をした時の事。

 

私の田舎は千葉県蓮沼村、

九十九里浜の真ん中辺りだ。

 

今夜到着する母の為に、

 

祖父ちゃんと裏山へ

山菜採りに行く事にした。

 

子供用の背負い籠に、

 

ケモノ除けの鈴を

祖母ちゃんに付けてもらう。

 

それは、凜とした

良い音がする鈴で、

 

いつもは祖母ちゃんが持っている

家の鍵に付いてある、

 

私の大のお気に入りだった。

 

春でいっぱいの野山は、

それだけで嬉しい。

 

それに、祖父ちゃんは

物知りだから、

 

また何かいっぱい教えて

もらえるような気がして、

 

私はご機嫌だった。

 

やがて、山菜を採り始めて

しばらく経った頃、

 

祖父ちゃんの姿が

見えなくなった。

 

私のいる所は、

 

ほんの少しばかり開けて

道のようになっているが、

 

周りはぐるっと木々で

囲まれており、

 

その向こうの様子が

分らない。

 

裏山には何度か来た事が

あるのだが、

 

この場所には見覚えがない。

 

でも、大丈夫。

 

大人と逸れても、

 

そこから動かず、

すぐに呼子を鳴らせば、

 

必ず誰かが見つけてくれる。

 

そう言い聞かされていたから、

 

私は首から提げた

呼子を引張り出し、

 

それを口に当てようとした。

 

その時だった・・・

 

牛に似た大きな真っ黒なモノが、

唐突に現れた。

 

私との距離は

10メートルもない。

 

きっと、

闘牛の横綱牛でさえ、

 

そいつの前では

仔牛に見えただろう。

 

墨のような体。

 

黒光りする二本の

少し内側に曲った角。

 

肉色の赤い目。

 

白い泡を吹いた口。

 

その口元からは、

 

牛馬のいわゆる

下駄っ歯ではなく、

 

肉食獣の鋭い黄色い牙が

覗いている。

 

そいつが睨んでいるのは

私だった。

 

恐ろしい殺気が

私に向ってやって来る。

 

動けない。

 

呼子はとうに手の中から

滑り落ちている。

 

ヤツが頭を振り立て、

前脚で地面を掻いた。

 

・・・来る!?

 

頭の中で心臓が

爆発しそうになり、

 

思わず半歩下がった時、

鈴が鳴った。

 

『リィィィィィ・・・ン』

 

すると、なぜかヤツが

地面を掻くのを止めた。

 

私は、なるべくそっと

背負い籠を降ろし、

 

外した鈴をもう一度

鳴らしてみた。

 

『リィィィィィ・・・ン』

 

ヤツは、じっとこちらを

見ている。

 

余韻の途切れたところで、

また鳴らす。

 

『リィィィィィ・・・ン』

 

『リィィィィィ・・・ン』

 

何度も何度も鳴らすうちに、

 

ヤツの攻撃の気持ちが

静まってきたようだ。

 

それが証拠に、

 

口元の白い泡が

だんだんと消えていく。

 

私は必死だった。

 

早くこいつが消えて欲しい、

 

ただそれだけを念じつつ、

鈴を鳴らし続けた。

 

『リィィィィィ・・・ン』

 

『リィィィィィ・・・ン』

 

どれほど鈴を鳴らしたか。

 

ヤツの目が眠たげに

なってきた。

 

(眠れ眠れ眠れ・・・

消えろ消えろ消えろ!)

 

腕がだるいのを通り越し、

そろそろ痛み始めた頃、

 

やっとヤツは目を閉じた。

 

(やった!)

 

不思議な事に、

 

ヤツが人間のように

こっくりこっくりやる度に、

 

ヤツの体がずんずんと

地面に沈んでゆく。

 

・・・膝、

・・・腹、

・・・喉、

・・・背、

 

・・・頭。

 

何でもいい、

早く消えろ!

 

もう、腕は鉛のように重いが、

 

私は歯を食いしばって

鈴を鳴らし続けた。

 

『リィィィィィ・・・ン』

 

『リィィィィィ・・・ン』

 

とうとうヤツの角が、

 

地面の中へ吸込まれるように

消えて行った。

 

が、すぐに止めると、

 

またヤツが現れそうな

気がする。

 

それが恐くて、

鈴を鳴らし続けた。

 

それから間もなく、

 

後ろから祖父ちゃんが

私を呼んだ。

 

「祖父ちゃん!」

 

祖父ちゃんが神様に思えた。

 

駆け寄った私の手を、

 

祖父ちゃんはしっかりと

握りしめ、

 

ただ「帰ろう」と言った。

 

一言も言葉を交さず

戻って来た私達に、

 

家の前の畑にいた

祖母ちゃんも、

 

何事かただならない雰囲気を

察したらしく、

 

不安げな面持ちで、

畑仕事の手を止めた。

 

手だけ洗うと、

 

祖父ちゃんに連れられて

仏間へ行った。

 

祖母ちゃんも後から

付いてくる。

 

「何があった?」

 

きちんと正座した

祖父ちゃんの前で、

 

私はさっきの出来事を話した。

 

祖母ちゃんは途中から小声で

お念仏を唱え始め、

 

ぎゅっと私の体を抱きしめる。

 

「・・・祖父ちゃん、

あれは何?」

 

祖父ちゃんは少し考え、

こう答えた。

 

「多分それは、

 

大昔から言われている

『うしおに』という

 

バケモノに違いないじゃろ。

 

うしおにというのは、

 

大きな大きな真っ黒けの

牛のようなバケモノで、

 

それに出会うた者は

ほとんど角で突き殺され、

 

バラバラになった死骸が

高い木の上に引っ掛けられたり、

 

深い谷底へぶちまけられたり

するそうじゃ。

 

うしおにはな、

 

いつどこの山に出て来るか、

誰にも分からんのだ。

 

今日は、お前は助かった。

 

けれども、

この次は助かるかどうかは分からん。

 

だからお前は今後、

 

海や山に行く時は必ず

魔除けを持って行け。

 

いいな?」

 

・・・以来、ヤツには

出会っていない。

 

(もちろん会いたくないが・・・)

 

でも、

 

背中で祖母ちゃんの鈴が鳴る度、

あの時の事を思い出す。

 

今もヤツはどこかの山へ、

姿を現しているのだろうか。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ