聞いてはいけない裏返しの話

ストップウォッチ

 

最初にお願いと御注意を。

 

この文章を読む前に、

 

身近なところに

時計があるかどうか、

 

確認してもらいたい。

 

10分20分が命取りに

なりかねないので・・・。

 

先月、高校時代の友人が

ポックリ病で逝ってしまい、

 

通夜の席で10数年振りに集まった

同級生の誰からともなく、

 

「そのうち皆で飲もう

なんて言ってるうちに、

 

もう3人も死んじまったな。

 

本気で来月くらいに

集まって飲もうよ!」

 

という話になった。

 

言い出しっぺのAという男が

幹事になって話は進行中だが、

 

中々、全員(男5、女3)

スケジュール調整がつかない。

 

今年の夏は暑いし、

9月に入ってからにしようかと、

 

幹事のAと昼飯を一緒に

食べながら話し合った。

 

その時に、

 

ビールなんか飲んだのが

間違いだった。

 

Aが、ふと言わなくても

いいことをつい口に出し、

 

俺は酔った勢いで

それに突っ込んだ。

 

それは、先月死んだ

友人に先立つこと10年、

 

学生時代に死んだBとCの

カップルのことだった。

 

10年前、

 

AはB(男)

一人暮らしのアパートで、

 

Cと3人で酒を飲んだ。

 

その直後に、

BとCは交通事故で死亡。

 

Bの酔っ払い運転による事故、

という惨事だった。

 

Aは、その事故の

第一発見者でもある。

 

俺は、2ちゃんねるのことを

Aに説明し、

 

事故の第一発見者の

スレッドに書き込めと、

 

悪趣味な提案をしたのだ。

 

すると、

 

Aはたちまちにして

顔面蒼白となり、

 

A「冗談じゃない!」

 

と本気で怒り出した。

 

俺は、いささか鼻白み、

 

「ムキになるなよ~」

 

と言い返したが、

 

Aの怒りは治まらず、

 

A「じゃあ、あの時の話を

聞かせてやるが、

 

後悔するなよ!」

 

と言って、

 

恐ろしい早口で

話し始めたのだ。

 

<ここからAの話>

 

(A)が、BとCと

三人で飲んでた時、

 

D先輩がいきなり、

Bのアパートを訪ねて来た。

 

顔面真っ青で、突然、

 

D「お前ら、裏返しの話を

知ってるか?」

 

と話し出した。

 

その時の俺は、

 

酒を買い足しに行こうと

していた時だった。

 

Dさんが話を止める

様子もないので、

 

缶酎ハイを買いに出て、

15分ばかり中座した。

 

部屋に戻ると、

 

Dさんは大分

くつろいだ様子で、

 

俺が買ってきた酎ハイを、

喉を鳴らして一気に飲んだ。

 

A「何の話だったんですか?」

 

D「だから裏返しだよ」

 

A「裏返し?」

 

D「裏返しになって死んだ

死体を見たことあるか?」

 

A「・・・いいえ。

何ですか、それ?」

 

D「靴下みたいに一瞬にして

裏返しになって死ぬんだよ」

 

A「まさか・・・。

 

なんでそんなことに

なるんですか?」

 

先輩は、くっくと

喉を鳴らして笑った。

 

D「この話を聞いたら、

 

そこから2時間以内に

他の人間にこの話をしないと、

 

そういう目に遭うんだ!」

 

A「不幸の手紙ですか?」

 

俺は本気にしたわけではないが、

あえて聞き返した。

 

D「なんとでも言え。

 

とにかく俺はもう

大丈夫だ。

 

もさもさしてないで、

 

お前らも話しに行った

方がいいぞ!」

 

何かシラケタ感じになったが、

 

買い足してきた分の

酎ハイを飲み干して、

 

宴会はお開きになった。

 

先輩はバイクで去り、

 

BとCは、

Bのサニー(車)に乗った。

 

スタートした直後、

サニーは電柱に衝突した。

 

飲み過ぎたのかと思い、

すぐに駆け寄ってみると、

 

BとCの二人は

血まみれになっていた。

 

そんな大事故には見えなかったので、

俺は少なからず驚いた。

 

いや、もっと驚いたのは、

二人が丸裸だったってことだ。

 

カーセックスなんて言葉も浮かんだが、

そうでないことはすぐに分った。

 

二人は完全に、

裏返しになっていたのだ。

 

俺は大声で叫んだ。

 

A「裏返しだ!

裏返しで死んでる!」

 

すぐに人が集まって来て、

 

現場を覗き込みながら

俺と同じ言葉を繰り返した。

 

だから皆、

助かったのだろう。

 

俺は逃げるように帰った。

 

<Aの話はここまで>

 

俺はこんな話を

無論信じないが、

 

一応スレッドを立てて

予防しておく。

 

後は、今から2時間以内に

誰かが読んでくれればいいのだ。

 

肝心な部分を読んでいないと

カウント出来ない。

 

もし、この話を読んだ方、

今の時間を時計でご確認を。

 

残り、あと2時間です・・・。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ