横断歩道の標識にまつわる噂

横断歩道の標識

 

昭和30年代のこと。

 

横断歩道の標識を

新しく作ることになり、

 

そのデザインの基

となるものを、

 

政府が一般に公募したことが

あったそうです。

 

横断歩道のイメージに合った

写真やイラストの応募が、

 

全国から集まりました。

 

その中から、

 

九州に住むカメラマン

Aさんの写真が、

 

見事採用されました。

 

そして、

 

その写真を基にして

作られたのが、

 

親子が仲良く手を繋いで

歩く風景を表した標識。

 

今、私たちが普段から

よく目にしている、

 

横断歩道の標識です。

 

ところが・・・

 

Aさんのカメラは

仲の良い親子どころか、

 

とんでもないものを写して

しまっていたのでした。

 

標識の絵柄を募集している

と聞いたAさんは、

 

早速、愛用のカメラを持って

町に出ました。

 

横断歩道にぴったりな

被写体を探すうち、

 

公園で父親に手を引かれて歩く、

女の子に目が留まりました。

 

「これだ!」

 

Aさんは迷わずシャッターを

押しました。

 

仲の良い親子の

自然な表情が撮れたことに、

 

とても満足していました。

 

写真を送付してから

何日か後、

 

テレビでは誘拐殺人の

ニュースを報道していて、

 

幼女を誘拐した犯人の顔が、

アップで映し出されていました。

 

それを見ていたAさんは、

妙な感覚に襲われました。

 

知らないはずの犯人の

顔を知っている・・・。

 

どうしてだろう・・・

どこかで見たんだ・・・

 

それもそのはずでした。

 

Aさんはつい先日、

 

その男をモデルに写真を

撮っていたのですから。

 

Aさんが父親だと

思ったのは誘拐犯で、

 

娘だと思ったのは、

 

彼に誘拐された女の子

だったのです。

 

可哀相なことに、

 

女の子はもう生きては

いませんでした。

 

そして、

女の子が殺害されたのは、

 

皮肉にもAさんが写真を

撮った次の日だった、

 

ということです。

 

横断歩道の標識を、

一度じっくりと観察してみて下さい。

 

 

手を引かれている女の子が、

 

嫌がっているようには

見えませんか?

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ