見知らぬ紳士が持ってきた箱

スイッチ

 

ある平凡な男のところに、

 

見知らぬ紳士が小さな箱を

持ってやって来た。

 

その箱にはスイッチのような

ボタンが一つ付いていて、

 

それ以外には何も、

 

仕掛けらしきものは

見当たらなかった。

 

その紳士は穏やかな口調で

男に言った。

 

「あなたが

このボタンを押すと、

 

どこか遠い場所で、

 

あなたの知らない人が

死にます。

 

その代わり、

 

このボタンを押して

頂けましたら、

 

あなたに100万ドルを現金で

差し上げましょう」

 

そう言うと、

紳士はボストンバックを開き、

 

中に詰め込まれた札束を

見せた。

 

男が躊躇うと、

 

紳士は3日後に箱を

取りに来るから、

 

それまでに決心して欲しい

と言って、去った。

 

男は悩んだが、

 

誰か知らない人間なのだからと、

最後の日にボタンを押した。

 

翌日、紳士が現れ、

 

男に礼を言って、

 

100万ドルと引き換えに、

箱を回収した。

 

紳士が会釈して去ろうとした時、

男は紳士に尋ねた。

 

「本当に人が死んだのか?」

 

すると、紳士は答えた。

 

「はい。

 

確かに昨晩、

遠い場所で、

 

あなたの知らない人が

死にました

 

男は良心が痛んだが、

 

目の前の札束を見て、

自分を納得させた。

 

「もう一つだけ教えてくれ」

 

「はい、何でございますか?」

 

「その箱はどうするんだ?」

 

すると、

紳士は微笑んで言った。

 

「どこか遠い場所の、

 

あなたの知らない人に

届けます

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ