101個目の墓石

 

これは、大学の友人Dから

聞いた話なんだ。

 

彼は、

サークル仲間とある日、

 

酔っ払った勢いで心霊スポットへ

行くことになったそうだ。

 

某S市の「百一墓」

ってところなんだけど、

 

かなりマイナーで、

 

地元の人くらいしか

知らないと思う。

 

心霊スポットへ行ったのは、

 

お調子者のB、

真面目なT、

サークル部長のH、

 

そしてDの4人だったそうだ。

 

居酒屋で十分に飲んだ後だったから、

時間は深夜1時を回っていたらしい。

 

酔い覚ましに

何か無いかということで、

 

Bの提案で心霊スポットへ

行くことになった。

 

居酒屋から車で大体、

40~50分のところかな。

 

酒が飲めないTの運転で、

百一墓へ向かったそうだ。

 

俺も昼に一度、

近くを通ったのだが、

 

これが結構山の中にあって、

 

深夜ともなると、

車もほとんど通らないような場所だ。

 

あ、そうそう、

百一墓の由来なんだけど、

 

綺麗に10×10で

墓石が並んでいる場所

 

(綺麗なのは配列だけで、

 

長い間放置されているので

荒れている)

 

なんだけど、

 

極稀に、

 

10列目の端に11個目の墓石が

立っていることがあるんだって。

 

それを結構見た人が多い

っていうので、

 

地元でいつの間にか百一墓って

呼ばれて定着したそうだ。

 

ばあちゃんから聞いたことだから、

かなり昔からあったらしい。

 

しかも、

 

ばあちゃんからはあまり近づくなって

結構言われていた。

 

その理由なんだけど、

いわくがあってさ、

 

百一個目の墓石を見た人は、

 

死ぬとか不幸になるとか

言われてるんだ。

 

噂では、

 

百一個目の墓石には、

自分の名前が彫られているらしい。

 

まあ、そんな場所にDたちは

向かったわけだ。

 

実際に到着してみると、

 

7月というのに妙に冷たい風が

吹いてきたそうだ。

 

といっても、

 

7月とはいえ、

深夜の山の上だからね。

 

それが原因なんだろうけどさ。

 

お調子者のBは

車から降りると同時に、

 

「うぇーい!」

 

と大声で叫んだらしい。

 

いい感じに酔っ払ったままの

ようだった。

 

実はこの時、

 

サークル部長Hの肩が

ビクッってなったのを、

 

Dは見逃さなかった。

 

Hは普段結構強気な方だから

意外な一面を見れたってことで、

 

ちょっぴり嬉しかったらしい。

 

というわけで、

 

早速みんなで墓石の数を

数えたそうだ。

 

数えたといっても、

 

配列は綺麗だから、

ざっと見るだけなんだけどさ。

 

まあ、何の変哲も無い

10×10の墓石のわけだ。

 

例の10列目も、

墓石は10個。

 

それに安心したのか何なのか、

 

Hはさっきまでビビッていたくせに

急に強気になって、

 

「なんだよー、

つまんねーなー」

 

なんて言ったそうだ。

 

Bも、

 

「俺たちの勝利だー!」

 

ってわけの分からんことを

叫んでいたらしい。

 

Tは、車の横に立って、

笑いながら、

 

「お前ら、うるせーぞ」

 

なんて言って、

和やかな雰囲気だった。

 

Dも、何も起きなくて

残念だとは思ったが、

 

冷たい風に当たって、

いい酔い覚ましになった、

 

なんて思っていたそうだ。

 

さて帰ろうかってことになり、

全員が車に乗ったところで、

 

Bが血相を変えて、

 

「早く出発しろ!」

 

って叫んだ。

 

その雰囲気が尋常じゃなかっので、

Tは慌てて車を発進させた。

 

次の瞬間には、

Tの顔も真っ青になって、

 

車を急加速させた。

 

HとDが、

 

「おいおい、どーした?」

 

なんて言っても、

 

二人とも顔面蒼白のまま

無言だったらしい。

 

ようやく街へ降りて来て、

 

コンビニの駐車場に

車を止めたそうだが、

 

そこで安心したのか、

BとTは凄いため息をついた。

 

HとDが訳を聞いたみたいなんだけど、

どうやらBもTも見たらしい。

 

車を発進させた後、

 

Bは何気に車のガラス窓から

墓を覗いてみたんだって。

 

そしたら、

確かに10列目の端に一つ、

 

出っ張った墓石が

立っていたらしい。

 

Tは車を発進させた後に

バックミラーを見たら、

 

それが見えたらしく

急加速させたそうだ。

 

その後、

 

別に、BにもTにも

不幸なことはないし、

 

死んでもいない。

 

ただ、

お調子者だったBは、

 

なんとなく暗い感じに

なっちゃって、

 

真面目だったTは、

 

タバコとか絶対吸わない

人だったのに、

 

最近は吸っているらしい。

 

Dが言うには、

 

二人ともなんか雰囲気が

変わったように思えるらしい。

 

BとTの魂が死んでしまって、

 

二人の身体には別の魂が

乗り移ったんじゃないか、

 

ってDは思っているらしいんだ。

 

そういう意味なら、

確かにいわく通り、

 

二人は死んでいることになる。

 

サークル部長のHは

大学を卒業してしまってから、

 

今は連絡は取り合ってないという。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ