ある弁護士からの電話

 

僕は、京都の○○大学の

文学部仏教学科の学生です。

 

この話は、僕が所属する

ゼミの教授から聞いたものです。

 

もう一昔前ですが、

 

当時、助教授だった教授のもとに、

一本の電話が掛かってきました。

 

関東に住む、

弁護士さんからでした。

 

ぜひ仏教の知識に秀でる○○助教授に、

教えていただきたいことがあります。

 

という内容でした。

 

それは、

 

最近ある中年の女性が、

その弁護士さんに相談へ来ました。

 

息子を助けて欲しいと・・・。

 

内容は、

 

自分の息子がある新興宗教に

入信してしまい、

 

帰って来ないどころか、

連絡も一切取れずに困っている、

 

との事でした。

 

それどころか、

 

息子は家のお金を数百万も盗み、

その宗教団体に寄付しているんです。

 

と母親の女性は涙ながらに

語っていました。

 

母親は、

 

出家とはそういうもの

なのですか?

 

いくらなんでもおかしいんじゃ

ないですか?

 

○○弁護士は悩みました。

 

いくら弁護士でも宗教については

分からなかったからです。

 

そこで、

 

世界の宗教について研究し、

本も出版していた、

 

当時の○○助教授に

連絡がいったわけです。

 

「○○教授にお尋ねしたい。

 

宗教において出家とは、

 

二度と親には会っては

いけないとか、

 

多量のお金を寄付しなければ

いけないとか、

 

決まりがあるのでしょうか?」

 

○○助教授は答えました。

 

「いえ、

そんな事はありません。

 

日本宗教においては、

 

出家しても会いたくなれば

親に会ってもいいですし、

 

そんな決まりは昔から

存在しません。

 

まして、

 

元の自分の家から多額の金を

寄付するなどありえません。

 

明らかにおかしいことです」

 

○○弁護士は、

 

「やはりそうですか。

 

実はですね、

 

こういった相談が最近、

私のもとに沢山くるんです。

 

このお母さんだけでは

ないのですよ。

 

しかも、

 

相談の全てがある一つの

宗教団体なんです」

 

助教授は、

 

「何という宗教団体ですか?」

 

と尋ねました。

 

「はい、

 

何やらオウム真理教という

新興宗教の団体なのですが・・・」

 

助教授は、

 

「オウム?

聞いたことないですね」

 

「いやあ、

 

何やらこの団体の噂が

多々ありましてね。

 

施設の近所に住む方々からも

苦情があるんです。

 

真夜中に凄い叫び声や奇声が

するやらなんやらで・・・。

 

とにかくもう少し、

この団体について調べてみます。

 

○○助教授、

ありがとうございました。

 

また何か分かれば

連絡いたします」

 

そう言って、

 

○○弁護士と電話で話したのが、

最初で最後になったそうです。

 

そう、この弁護士とは、

あの坂本弁護士だったそうです。

 

後に、オウムによって

一家惨殺されました。

 

○○教授は、

 

今でもあの電話を忘れることが

出来ないそうです。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ