主人の浮気相手からの電話

 

『私、お宅の旦那と寝たわ』

 

そう電話がかかってきたのは、

私が夕飯の買い物から帰ってきた時だった。

 

『私、お宅の旦那と寝たわ』

 

私は無言で電話を切った。

 

あの女・・・

そう、主人の浮気相手。

 

主人の部下のあの女だ。

 

電話の傍にあった鏡に、

ふと目がいく。

 

家事がやりやすいように

短く切った髪。

 

マイホームの為にと、

節約して何年も着続けているトレーナー。

 

そこには生活に疲れた

中年女が立っていた。

 

あの女は髪を茶色く染め、

綺麗にカールしていた。

 

流行の服を着ていた。

 

動揺している時間はない。

 

私は学校から帰ってくる子ども達の為に

夕食を作り始めた。

 

次の日もまた次の日も、

あの女から電話がかかってくる。

 

『私、お宅の旦那と寝たわ』

 

その度に私は無言で電話を切る。

 

なんで!?

どうして!?

 

そんなに私を苦しめたいの?

 

私と子ども達から主人を奪った

泥棒猫のクセに!

 

ふと手を見ると、

 

毎日の水仕事でガサガサに荒れた

指が目についた。

 

あの女は爪を伸ばし、

ネールアートをしていた。

 

・・・憎い。

 

あの女が憎い。

 

あ、洗濯物取り込まなくちゃ。

 

『私、お宅の旦那と寝たわ』

 

あれから毎日、

あの女から電話がかかってくる。

 

どうして愛人は自分の存在を

本妻に知らせたがるのだろう・・・。

 

本当にバカな女だ。

 

あんたなんかに言われなくても、

 

主人が浮気していた事なんて

とっくにお見通しだったのよ。

 

妻の勘を馬鹿にしないでよ!

 

『私、お宅の旦那と寝たわ』

『私、お宅の旦那と寝たわ』

『私、お宅の旦那と寝たわ』

 

毎日毎日、

もう電話してくるのはやめて!

 

何で電話してくるの?

 

1週間も電話が続くと、

さすがの私ももう限界だった。

 

でも私がしっかりしなきゃ。

 

子ども達を守ってあげれるのは

私しかいないのだから。

 

また今日も電話が鳴る。

 

「・・・はい」

 

『私、お宅の旦那と寝たわ』

 

「・・・」

 

『私、お宅の旦那と寝たわ』

 

「・・今も・・一緒にいる・・くせに・・・」

 

『私、お宅の旦那と寝たわ』

 

「・・・知っていますよ」

 

『私、お宅の旦那と寝たわ』

 

「だから主人と一緒に殺して

山に埋めてあげたじゃない!

 

仲良く二人でずっと永遠に

寝ていなさいよ!」

 

まだ本妻に対抗しようだなんて、

本当にバカな女だわ。

 

「ママ~!ただいま~!

あれ?パパから電話あったの?」

 

「おかえりなさい。

まだパパからは電話はないわよ」

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ