宅配便のお兄ちゃんの声で起きたが

宅配便スタッフ

 

昨日の夜は暑かったから、

 

居間の窓を開けて網戸だけ閉めて、

テレビを見ながらダラダラしてたんだ。

 

「佐藤さーん、すいませーん、

お届け物でーす」

 

いつのまにか寝ちゃってたみたいで、

宅配便のお兄ちゃんの声で起きてさ。

 

田舎だから玄関も

開けっぱなしなんだよね。

 

玄関と居間の間に掛けてあるのれん越しに、

 

おなじみの黒のパンツとボーダーの

ポロシャツの胸くらいまでが見えていた。

 

「ああ、すいません、いま行きます」

 

返事をしながら体を起こすと、

あることに気付いた。

 

テレビでガキの使いがやっていた。

 

ガキの使いは22時56分からのはず。

 

もちろん録画などではない。

 

慌てて時間を確認する。

 

掛け時計は23時18分を指している。

 

その瞬間、ぞぞぞっと、

気温とは違う寒気が背筋を通った。

 

いくらサービスが充実したといっても、

夜11時を過ぎてまで宅配便が来るわけがない。

 

のれん越しに、

改めて配達人を確認した。

 

よく見ると、

 

全身シャワーを浴びたかのように、

水滴がしたたり落ちている。

 

気のせいか、

水滴は濁っているようにも見える。

 

夕立でもあったのか。

 

だけどそれにしては、

訪問するには失礼なほど汚れている。

 

「佐藤さーん、すいませーん、

お届け物でーす」

 

さっきとまったく同じトーンで、

まったく同じセリフで呼びかけてくる。

 

「え、あ、あぁ、あの、ええと、

夜も遅いので今日はちょっと・・・」

 

なんとか断ろうと頭をフル回転させても、

いい断りの文句が出てこない。

 

「佐藤さーん、すいませーん、

お届け物でーす」

 

「佐藤さーん、すいませーん、

お届け物でーす」

 

「佐藤さーん、すいませーん、

お届け物でーす」

 

 ・

 ・

 ・

 

まるで壊れたレコードプレーヤーのように、

繰り返し呼びかけてくる。

 

もう、確信はしていた。

 

あれは人間じゃない。

 

しかもそいつは玄関を開けて、

すでに家の中にいる。

 

「佐藤さーん、すいませーん、

お届け物でーす」

 

「佐藤さーん、すいませーん、

お届け物でーす、フフッ・・・

 

おそらくウチへの届け物だろう袋を

玄関の床に置いて、靴を脱ぎ、

 

そいつは玄関を上がって

部屋に向かってきた。

 

築20年の傷んだ床を、

ギッ・・ギシッ・・と音を立てながら。

 

もうダメだ、

居間に入ってくる!

 

「うわー!!」

 

という声とともに目が覚めた。

 

どうやら夢を見ていたらしい。

 

体中が汗だくになっていた。

 

もう、ぐったり。

 

テレビではガキの使いがやっていた。

 

その時だった。

 

『佐藤さーん、すいませーん、

お届け物でーす』

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ