高い壁に囲まれた家の中には

壁

 

俺の通っていた中学校まで行く途中に、

やたらと高い壁に囲まれた家があった。

 

友人とその家の前を通る度に、

「変な家だよな」と話していた。

 

なにしろ門以外の全てが

高い石の壁に囲まれており、

 

しかも、

 

それより高い木々がはみ出していて、

まるで森のようになっていた。

 

でも表札はあるし、

 

確実に誰かの家だという事は

分かっていた。

 

でも住んでいるのがどんな人かまでは、

中学3年まで知る由がなかった。

 

中学3年のある日。

 

早朝6時ぐらいにクラブの朝練のため、

一人で学校に向かっていた。

 

すると、

途中で事故の現場に遭遇したんだ。

 

あの高い石の壁の家に、

トラックが派手に突っ込んでいた。

 

幸い運転手は無事だったみたいで、

 

トラックから降りて、

携帯で何かを話していた。

 

あの城壁みたいな石の壁には、

 

事故のせいで派手な穴が

開いていたので、

 

歩くスピードを落として、

ちょっと中を覗いてみた。

 

中に居たのは・・・

数え切れない程の大量の人間。

 

男か女も分からない。

 

それに、

 

みんなカクカクした妙な動きで

何かをしていた。

 

「???」

 

と、中の状況が理解できないまま、

でも足を止める訳にはいかず、

 

そのまま学校へと向かったんだ。

 

その日の授業は午前だけの日で、

 

クラブも朝のみだったから、

学校を出たのが正午ぐらいだった。

 

また、あの高い石の壁の家の前を通る・・・

と思っていたら、

 

まだトラックが突っ込んだままだった。

 

まだ片付けてないのかよ・・・

などと思いながら近づいていくと、

 

トラックの運転手が自分で開けた

大きな穴の向こうに向かって、

 

ひたすら土下座している。

 

何だろうと気になり、

 

歩くスピードを緩めて、

壁の奥を見たんだ。

 

あれだけ居たはずの者達は、

ただの一人もいなくなっていた。

 

代わりに、

 

とてつもない大きさの人間が

一人だけ居た。

 

身長4メートルはあったと思う・・・

 

びっくりして、

 

というよりは呆気にとられて

足が止まってしまった。

 

トラックの運転手は、

ひたすら土下座している。

 

そいつは、

カクカクした妙な動きをしながら、

 

巨大な家の柱に半身を隠して、

もう半身だけで運転手を睨んでいた。

 

目がやけに大きくて、

ぎょろりとしていた。

 

訳がわからないまま、

 

俺は何となく、

一瞬だけ運転手の方に目を逸らした。

 

そして、

 

もう一度前を向いた時、

その巨大な人間は、

 

運転手ではなく俺の方を

睨んでいる事に気付いた。

 

柱をガリガリとかじりながら・・・

 

途端、これ以上は見てはいけないと、

慌ててその場から逃げたんだ。

 

その後、

 

一日休みを挟んで次の登校の時には、

もう完全に石の壁は修理されていた。

 

俺がいくら考えたところで、

あれが何だったのかは分からない。

 

もう大分遠くに引っ越してしまった。

 

でも一連の出来事が不可解すぎた故に、

今でも鮮明に思い出せる。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ