公園にいつもいる奇妙な女

公園 水道

 

高校時代はバスケ部で、

部活はいつも体育館でやっていたんだけれど、

 

火曜日はバレー部が全面使うため、

その日は体育館が使えなかった。

 

そういうわけで、

バスケ部の火曜日は体力作りのために、

 

近所の公園までランニング→

公園で筋トレ→学校までランニング、

 

というメニューでやっていた。

 

そして、ある日を境に俺らが公園に着くと、

いつも変な女が居るようになった。

 

なんだか髪はボサボサで、

服も薄汚い感じ。

 

焦点が合っていないような目で、

ベンチに座ってブツブツ独り言を言っている。

 

とにかく奇妙で不気味な女だ。

 

最近は変な奴多いしなぁ・・・

 

と思いながら黙々と筋トレを

やっていたんだけれど、

 

たまにジーッと俺らの方を

見ている時があって、

 

その瞬間は正直怖かった。

 

俺は出来るだけ気にしないように

していたんだけれど、

 

やっぱり高校生が20人くらい集まれば、

一人は調子乗る奴がいるもので。

 

とにかく凄く暑い日だったので、

イライラしていたのかも知れないが、

 

突然その女にAがキレた。

 

「あんたさぁ!

 

いっつもジロジロ見てくるけど、

何か用でもあんのかよ!」

 

という感じで。

 

確かに、

 

いつも見られていると気になるし、

集中力も奪われるわけで、

 

Aの気持ちも分からないでは

なかったけれど、

 

あんな変な女には

関わらない方がいいのに・・・

 

と俺は内心思っていた。

 

Aに怒鳴られた女は

言い返すわけでもなく、

 

ただ苦虫を噛み潰したような顔で

俯いていた。

 

Aも怒鳴ったことで気が済んだのか、

それ以上は何も言わず、

 

俺らはそのまま学校へ戻った。

 

次の週の火曜日は、

その公園にいつもの女は居なかった。

 

Aにキレられたのが効いたかな?

ということで、

 

その日はみんな安心して、

筋トレに励んだ。

 

そろそろ学校に戻るかという時、

ふと水道の方を見ると、

 

Aが顔を洗っていたんだけれど、

 

どこから現れたのか、

あの女が横に立っていた。

 

俺は、心底ゾッとした。

 

いきなり現れたことも怖かったけれど、

Aの横にあの女が立っていることに・・・

 

次の瞬間、

その女が手に持っていたタオルを、

 

Aが水道の上に置いていたタオルと

すり替えるのが見えた。

 

Aは気付かず俯いたまま、

タオルに手を伸ばした。

 

ヤバイ!と思った。

 

俺を含め、

 

それを見ていた部員みんなが

一斉に叫んだ。

 

「A!!やめろ!触るな!

A!!やめろ!!」

 

Aが驚いてこっちを振り返った。

 

と同時に、

 

その女は凄い勢いで

公園から逃げていった。

 

俺らは慌ててAの所へ行き、

すり替えられたタオルに目をやった。

 

そのタオルの内側には、

マチ針がびっしりと刺さっていた。

 

後日に聞いた噂だと、

 

その女は精神科を退院したばかりで、

自宅療養中だったらしい。

 

学校側が報告し、

病院に戻されたらしいけれど、

 

いつまた出てくるのかと思うと、

毎日が怖かった。

 

結局は卒業まで、

その女を見かけることは無かった。

 

そういえば、

Aは今も元気にやっているのかな・・・

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ