深夜、いつも赤で引っ掛かる信号機

赤信号

 

この話は、

 

僕の担任だった歴史の先生の

友人のお話です。

 

その方とは面識は無いものの、

怖い話でした。

 

もちろん実話です。

 

これを体験した友人の方を、

仮にAさんとします。

 

Aさんは京都の女子大に通う、

女子大生です。

 

ダンス部に所属していて、

夏のダンスのコンクールに向け、

 

ダンスチームのメンバーである数人の友人と、

朝から晩まで猛練習していました。

 

明るいうちは大学の体育館で

練習するのですが、

 

夜は公園で練習します。

 

夜の練習が終わって帰る時間は、

いつも深夜の1時過ぎでした。

 

Aさんはバイクで帰るのですが、

 

公園から家への一番近い帰り道は細くて、

暗い抜け道のような道路なのです。

 

時間も時間だし、

 

遠回りして通行量の多い道を選んで

帰っていました。

 

でも深夜なので、

多いといってもそれほどですが・・・

 

(片側2車線の道路です)

 

その広い道路のとある信号に、

よく引っかかります。

 

そこの交差点の横には、

ファミリーマートがあります。

 

よく、引っかかりやすい信号とかって

ありますよね?

 

そんな感じです。

 

別に気にもしていませんでした。

 

そしてある日。

 

夜の練習が終わって、

 

いつものように遠回りになる広い道路を

通って帰りました。

 

その日もやっぱり、

ファミマ横の信号に引っかかりました。

 

今日も帰りは夜中です。

 

その時、

私の横に車が来ました。

 

並んで信号待ちをする形に。

 

すると、

横の車の窓がスルスルと下がって、

 

中からおじさんが顔を覗かせました。

 

夜ということもあり、

Aさんは少し身構えます。

 

「あ、すいません。

道をお尋ねしたいのですが」

 

話し方や、おじさんの態度から、

 

悪い人でもなけりゃ、

ヤクザの様でもありませんでした。

 

「すみませんが、

○○病院はどこでしょうか」

 

○○病院は、

 

その信号から500メートルぐらい

のところにありました。

 

ですが、

 

こんな時間に道を案内して、

犯罪に巻き込まれたくはないものです。

 

車の中に重症患者のような

人影もありません。

 

ちょっと怪しいかも・・・

 

Aさんはとっさにそう判断して、

 

「ごめんなさい。分からないです」

 

と嘘をつきました。

 

「あ・・・そうですか。

ありがとうございました」

 

スルスルと窓が上がり、

 

信号が青になり、

車は発進して行きました。

 

Aさんも歩きだして家に帰ります。

 

その日は、

ただそれだけでした。

 

また次の日。

 

公園で夜中まで練習です。

 

帰りはもちろん遠回りで、

広い道路を使います。

 

そしてまた今日も、

 

ファミマ横の信号に引っかかり、

信号待ち。

 

『早く青にならんかなあ・・・

ほんま相性わるいわあ・・・』

 

そんな事を考えていると、

またAさんの横に車が。

 

すると、

昨日と同じ車なんです。

 

また窓が開き、おじさんが・・・

 

「すみませんが、

○○病院はどこでしょうか」

 

え?!

 

「ごめんなさい!!」

 

と叫んで逃げたそうです。

 

そんな事がまた次の日も、

その次の日も続きました。

 

たまりかねたので、

 

次からは暗くて細い道を

通るようにしました。

 

見通しも利かないし、

怖いけれど、

 

変なおじさんに会うよりはマシです。

 

そして、

おじさんのことなど忘れていた頃・・・

 

またあの広い道路を使いました。

 

やはり、

ファミマ横の信号で止まります。

 

そして、またあの車が・・・

 

Aさんは怖くなって、

信号を無視して逃げました。

 

その次の日。

 

この謎の車とおじさんのことを、

ダンスチームの友人達に相談しました。

 

みんなワーキャー言って怖がるのですが、

一人だけ凄く顔色の悪くなった友人がいました。

 

本当に真っ青だったらしいです。

 

「たしかに怖いと思うけどさ、

そんなに真っ青になるほど怖いか?w」

 

と、他の友人が茶化して言うのですが、

尋常ではないほど怖がっていました。

 

そういえば、

その真っ青になった友人は、

 

あのファミマの裏のマンションに

住んでいたはずです。

 

なにか知っているのでは・・・

 

そして訊いてみると、

その友人はこう言いました。

 

「ファミマの横に信号機なんか無いよ・・・」

 

(終)

スポンサーリンク

One Response to “深夜、いつも赤で引っ掛かる信号機”

  1. あおば より:

    歩いて帰ったの⁉
    バイクじゃなくて⁉

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ