朝起きると無数の噛み傷が

犬の口

 

とある保健所では、

 

巷に野良犬が増え過ぎたり、

人に危害を加える可能性があった場合、

 

捕まえてくるという。

 

そして、

薬を使って殺処分するらしい。

 

そこで働いていたAさんの話。

スポンサーリンク

不思議な出来事が立て続けに・・・

Aさんは5年ほど働いていたのだが、

 

下の子が生まれた頃から、

家でおかしなことが続くようになった。

 

夜中に犬の声で起こされたり、

犬の足跡が床に付いていたり。

 

風呂場に犬の毛が落ちていたりもした。

 

もちろん、

Aさんの家では犬を飼っていない。

 

Aさんは上の子を疑って、

 

犬でも拾ってきたのか?

と問いただしたが、

 

上の子は拾っていないと言う。

 

そんな日がしばらく続いたある日、

 

朝起きると下の子の身体には、

無数の噛み傷が付いていた。

 

さすがにAさんも気味悪く思い、

 

犬のこともあった為、

上の子にいつにも増して強く問いただした。

 

すると、上の子は泣きながら、

 

犬も拾っていないし、

下の子の噛み傷も知らないと言う。

 

それでも下の子の噛み傷が続くため、

Aさんは上の子のタチの悪いイタズラだと思い、

 

証拠を撮ってやろうと、

下の子の寝ている部屋にカメラを仕掛けた。

 

次の朝起きてみると、案の定、

下の子には噛み傷が残っていた。

 

すぐに上の子を呼び、

 

カメラに映ったビデオを見せて、

その場で叱ってやろうと思った。

 

しかし、

ビデオを再生したAさんは愕然とした。

 

暗がりの中で下の子に噛み付いていたのは、

紛れもなくAさん本人だったのだ。

 

(終)

スポンサーリンク

One Response to “朝起きると無数の噛み傷が”

  1. アイリアイス より:

    うゎ~怖いですね。

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ