深夜の間違い電話に思わずキレたら

黒電話

 

懺悔の意味も込めて・・・

 

着信の電話番号通知なんてものが

無かった頃のお話です。

 

ジリリリリーン

ジリリリリーン

 

深夜2時を回った頃、

電話が鳴り響きました。

 

眠かったので無視しようと思ったけれど、

 

一人暮らしの狭いアパートでは、

布団を被っても煩くて眠れたもんじゃない。

 

※煩くて(うるさくて)

 

仕方なしに電話に出ました。

スポンサーリンク

深夜に掛けてきた電話の相手は・・・

「はい」

 

「ひとみ~愛してるよぉ~

ひとみ~ひとみ~」

 

私は『ひとみ』ではありません。

 

明らかに酔っ払っている様子の男に、

間違い電話である事を告げて切りました。

 

ものの10秒も経たないうちに・・・

 

「ひとみぃ~なんで切っちゃうんだよ~

愛してるよ~ひとみぃ~」

 

3回ほど間違い電話だと教えてあげましたが、

どうも理解出来ないようです。

 

その後は十数回、

 

返事もせず受話器をただ上げて

降ろす作業を繰り返しました。

 

それでも尚しつこく掛かってくる電話に

イライラした私は、

 

再び電話に出ては相手の言葉を待たずに

暴言を吐き捨てました。

 

誤解されたままでも、

 

嫌われたと思えば電話を止めるかも

知れないと考えたのです。

 

「しつこい」ガチャン!

「うるせーよ!」ガチャン!

「気持ち悪い」ガチャン!

「ばーか!」ガチャン!

・・・・・・

・・・・・・

・・・・・・

「しね」ガチャン!

 

次に掛かってきた電話の男は、

私が言葉を発する前に叫びました。

 

「今から殺しに行くからな」ガチャン!

 

その後、

電話は掛かって来ませんでした。

 

どうなったのかは知りません。

 

電話線を抜けば良かったのに、

と思う方もおられるでしょう。

 

私も翌日それに気が付きました。

 

ひとみさん無事かな・・・

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ