事故現場に花を供えた数日後に

供え花 仏花

 

ある朝のこと、

通勤中に事故現場に遭遇した。

 

既に救急車が呼ばれた後で、

到着を待っている状態。

 

何か出来ることはないかと、

重傷者に目をやって後悔した。

スポンサーリンク

ショックと自己嫌悪に苦しむことに・・・

頭蓋骨らしきものが一部露出して、

 

意識はあるのか無いのか、

片足が地面を擦り続けていた。

 

足からも骨が飛び出している。

 

私は耐える間もなく、

うずくまって吐いてしまった。

 

ショックと自己嫌悪で

その日一日をぼーっとして過ごし、

 

帰りはその場所を通るのが嫌で、

違う道を使った。

 

それから数日後、

 

その事故現場に花が供えられていて、

被害者の方が亡くなった事を知った。

 

名前も知らない方だったが

何かの縁だと思い、

 

私も花を供えて手を合わせた。

 

事故から一ヶ月と少し経った朝、

家の郵便受けに枯れた花が突っ込まれていた。

 

特徴のある包装紙・・・

白いカーネーションを中心にした花束・・・

 

私がお供えしたものだった。

 

悪いイタズラかも知れないけれど、

 

あの時に重傷者を見て吐いてしまった

私の無礼を故人が怒り、

 

花束を突き返してきたような気がして

心底怖かった。

 

ちょうど引っ越す前だったので

その後は何も無かったけれど、

 

道路に供えられた花を見るたびに

思い出してしまう。

 

亡くなられてしまった方、

 

苦しんでおられる目の前で吐いたりして

本当にごめんなさい。

 

何も出来ずにすみませんでした。

 

心よりご冥福をお祈りします。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ