死んだはずの人間から同窓会の誘い

久し振りに、

同窓会の誘いが来た。

 

そもそも、

それがおかしかった。

 

死んだはずのTから

誘われたからだ。

 

ビビった俺はIに相談したところ、

Iにも来たという。

 

仲の良かった十数人に

来たらしい。

 

キッカケは不気味だけど

皆で会おうという事で、

 

お参りも兼ねて、

簡易な同窓会になった。

 

参拝も済み、

 

丘の中腹の

母校の上にある集会所で、

 

飲んで食べて歌ってた。

 

そんな時、

Tが入って来たのだ。

 

驚いた俺だが、

Iが肩を叩いて

 

『分かってる・・・』

 

というような目で見てきた。

 

皆も同じ感じだった。

 

女子に至っては、

 

「T君こっち来なよ~」

 

なんて言ってる。

 

『そうか、みんな分かってるのか。

だよな、Tも会いたかったんだよな~』

 

そう思った俺は、

その後も楽しく遊んだ。

 

そろそろどうしようかという時、

2次会の話になった。

 

皆は行くようだが、

俺は仕事があったので断った。

 

でも、

皆しつこく誘って来る。

 

もちろんTも。

 

あんまりしつこいので

強引に帰ろうとして、

 

Iに「ほんとごめん、帰るよ」

と言って、襖に向かった。

 

ガシ!っと、

Iに腕を掴まれた。

 

「ほんとダメなんだよ~」

 

と言って振り返えると、

 

Iも他の皆も

白目の薄ら笑いで、

 

「いいからお前も来いよ」

 

と言う。

 

俺はとっさにIの腕を振り払い、

集会所を飛び出した。

 

2~3日経ってから

Iに電話を掛けてみたら、

 

連絡がつかない。

 

別の奴に掛けても、

誰一人、電話に出ないのだ!

 

あれから何年経ったんだろう・・・。

 

俺はあの時、皆と一緒に

行くべきだったんだろうか・・・。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ