同窓会でクラスメイトに会うのが怖い

プール

 

明日が同窓会なので、

ふと思い出したことがある。

 

小学生の時、

Yという苗字の友達がいた。

 

(やすしとかノックで有名)

 

Yのあだ名はノックで、

かなりのいじられキャラだった。

 

夏休みのある日、

 

ノックと俺を含む男5人と女4人で

近所のプールに行き、

 

水の中で鬼ごっこをしていた。

 

みんな泳ぎ疲れたせいで

鬼ごっこがグダグタになった頃、

 

俺はプールサイドで喋っていた。

 

プールに飽き始めて帰る雰囲気だったが、

突然、女子Aの叫び声がした。

 

何事かとプールの方を見てみると、

 

Aが溺れたように必死にもがき、

その横にノックがいた。

スポンサーリンク

プールの中では一体何が・・・

みんなでプールに飛び込みAを助けると、

 

「体を触られた!」

「溺れさせられた!」

 

と怯えながら訴えていた。

 

近くにいたのはノックだけで、

Aは触られたと言っている。

 

ノックはいじられキャラのせいもあり、

 

その日から「水中痴漢」と

呼ばれるようになった。

 

これだけなら単なる笑い話で済むが、

俺はあの時に見てしまったんだ。

 

他のみんなは気付いていなかったが、

 

Aの体に黒っぽいモヤのようなものが

まとわり付いていて、

 

そのモヤの中には無数の手や顔があった。

 

その沢山の手や顔が、

Aの体の自由を奪っているように見えた。

 

ノックはAに触っていなかったし、

距離的にも触れる位置ではなかった。

 

俺は中学に入ってからも、

 

あの時にプールで見た黒いモヤを

10回くらいは見ている。

 

それはいつもノックの体から出ていて、

 

あの時のようにはっきりと、

人の顔や手がある時もあった。

 

モヤはノックの近くにいる人や、

触った人に移っている。

 

そして移った人は、

数日後に怪我をしていた。

 

モヤが移った次の日に、

 

運動神経抜群の奴が

体育祭の練習で骨折したり、

 

修学旅行の前日に大怪我した奴は、

旅行中も体にモヤがまとわり付いていた。

 

移ったモヤがずっと消えない奴は、

慢性的な不調を訴えていた。

 

今思えば、ノックのクラスは

怪我人が多かった気がする・・・

 

俺は幽霊の類は全く見えないのに、

なぜモヤが見えるのかは分からない。

 

誰にも言えないまま22歳の今になっても、

ノックは痴漢の汚名を着せられている。

 

そして、明日は同窓会。

 

ノックに会うのが正直怖い・・・

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ