タクシーで帰宅した若い女性客

深夜、人気の無い郊外で、

一人の若い女性が手を上げた。

 

タクシー運転手は直ぐさま女性を乗せ、

行き先を聞くと女性はうつむいたまま

「真っ直ぐ進んで下さい・・・」

とだけ暗く小さな声で言う。

 

女性は乗車後ずっと、うつむいたままである。

 

重苦しい空気を払拭しようと

運転手は女性に色々と話し掛けるが、

返事はそっけなく「ハイ・・・」だけである。

 

女性の言うままに車を走らせると

家に到着した。

 

すると女性はどうやら財布忘れたらしく

支払いが出来ない。

 

「お金を家に取りに行きますので、

このバックを置いていきます・・・」

 

お金を払わずに逃げるような

人間ではなさそうなので、

「分かりました」と運転手は了解した。

 

しかし、女性は戻って来ない。

 

しびれを切らした運転手は、

女性宅にバックを持って伺うと、

両親と思しき中年夫婦が出てきた。

 

事情を話しバックを見せると、

夫婦は泣き崩れた。

 

「娘は先日亡くなったのですが、

そのバックは生前使用していたものです」

 

死んだ娘の霊が、

タクシーに乗って帰宅したというのだ。

 

「運賃はおいくらだったでしょうか?」

両親が言ったが、運転手は御代は受け取らず、

手を合わせて家を後にした。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ