子供の頃に見た悪夢を封印した箱

木箱

 

俺が10歳の頃の話。

 

2~3週間くらいの間だが、

酷い悪夢にうなされ続けたことがある。

 

子供の頃だから記憶が明確ではないが・・・

スポンサーリンク

今でも『悪夢の箱』はそこにある・・・

母の話では、

 

毎晩絶叫しながら床を転げ回り、

喉を掻き毟(むし)っていたという。

 

朝起きると、

寝汗をぐっしょりとかいていた。

 

これが一晩ならまだいいが、

毎晩のように続くのだ。

 

寝るのが本当に怖かった。

 

あっという間に寝不足になった。

 

体は骸骨のように痩せて、

顔色が粘土のようになった。

 

医者や霊能者に診てもらったが、

原因は全く分からない。

 

相変わらずのたうち回る夜が続く。

 

だから両親も痩せた。

 

二人の方がよっぽど病気じゃないかと

俺が思ったくらいだ。

 

前述したように、

俺は2~3週間後で救われるわけだが、

 

恩人となったのは霊能者でも坊主でもなく、

神主や神父、牧師でもなかった。

 

その恩人は『催眠術師』である。

 

催眠術師と言っても、

素人同然の普通のおっさんなのだ。

 

以前に父が軽い恐怖症を

簡単に治してもらったことがあるらしく、

 

その縁で俺も診てもらうことになった。

 

催眠術師なんぞに・・・と思っていたが、

 

俺は父に似て、

暗示にかかりやすい性質だと判明した。

 

その人が取った作戦は、

俺に悪夢を忘れさせることだった。

 

奇妙なことだが、

 

俺は夢の中身を起きた後でも

はっきりと覚えていた。

 

催眠術師の先生は、

 

家を象(かたど)った和紙に、

夢の内容を書かせた。

 

思い出すのも苦痛で、

嫌な作業だった。

 

先生はその和紙を箱に入れ、

蓋に御札を貼り付けて開かなくすると、

 

先生と俺の二人だけしか分からない

ある場所へと隠した。

 

場所については具体的に言えないが、

 

箱を取り出そうとすれば簡単に出来るのに、

他人が見つけるなど絶対考えられないような場所。

 

たとえ両親でさえも。

 

箱を隠した後に先生は、

 

「悪夢はこの中に閉じ込められたから

怖がることはない」

 

と言った。

 

箱を”自分が開けなければ”大丈夫だと。

 

これが不思議とズバリ当たり、

俺は悪夢から解放された。

 

俺たち一家は、

先生にどれだけ感謝したことか。

 

でも、悪夢の種の詰まった箱は、

まだ俺の手の届くところにあるのだ。

 

このことがずっと心の片隅に

引っ掛かっていた。

 

大学卒業の折に帰省した時、

そうだあの箱は?と思い出した。

 

思い出したら気になって仕方なくなった。

 

当時の夢がどれだけ恐ろしかったか、

自分が一番よく知っているのだが、

 

さすがに内容なんかは忘れてしまっている。

 

怖いという感情は確かにあった。

 

だが、子供の時の恐怖なんて、

得てして大人から見ると小さいものだ。

 

今の俺なら当時の先生の言葉が、

 

自分にどんな暗示を掛けていたのか

何となく推測は出来る。

 

手品の種もすっかり分かっている。

 

俺は当時の恐怖を

白日の光りのもとにさらけ出して、

 

笑い話にしたかったのだ。

 

(先生に霊能力は無いのだ・・・)

 

そう思って、

こっそりと箱を取りに行った。

 

蓋に被さった御札が見える。

 

箱はかなり小さかった。

 

箱に貼られた御札を剥がそうと、

端を爪で擦(こす)り始めた。

 

すると・・・

 

10年間忘れていたはずの夢の内容が、

唐突に脳の中で再現を始めたのだ。

 

俺は一人で和室に居て、

明かりの差し込む障子を見ていた。

 

縁側にある竹笹の影が落ちている。

 

一番上の列の窓一枚分だけが

綺麗に四角くに切り取られ、

 

そこからニヤニヤ笑っている、

福福しい中年の恵比寿顔が覗いていた。

 

だが、“顔だけ”なのだ。

 

障子には笹の影が揺れているだけ。

 

そいつの胴体の影は一切映っていないのだ。

 

俺の背後には、

両開きの襖があった。

 

その奥には、襖に仕切られた部屋が

延々と続いていることも分かっていた。

 

クー、クーと鳩の鳴くような小さな音が

微かに聞こえた。

 

続いて、

ターン、ターン、ターンという音がし始めた。

 

だんだん大きくなってくる。

 

襖を次々と開けて、

何かがこちらへ全力で駆けて来るのだ。

 

ケラケラケラと腹の底から笑う、

楽しそうな男の笑い声が聞こえた。

 

それは、どんどん大きくなった。

 

俺は凍りついていた。

 

絶対に振り向いてはいけない・・・

ということだけは確信があった。

 

そして・・・ターン!!と、

俺の背後の襖が開いた。

 

そいつは俺のうなじに生臭い息をかけた。

 

わざとだ、と思った。

 

そして、ボソリと俺の耳元に・・・

 

思わず俺は箱を落とした。

 

が、カタンという音で我に返った。

 

俺は元通りの場所に箱を戻して、

まっすぐ家に帰った。

 

だから今でも『悪夢の箱』はそこにある・・・

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ