久々に家族が集まった正月での出来事

正月

 

うちの婆ちゃんが呆(ぼ)けて暫くなる。

 

呆けたと言っても、

 

大便を食ったりとか、

深夜に徘徊したりとかではなく、

 

トイレには自分で立って行ける程度の

軽度な寝たきりみたいな。

 

かれこれもう3年くらいかな。

 

いつも揺り篭のような

大きな籐で編んだ丸い椅子に横たわり、

 

厚着してニコニコしている。

 

赤ちゃんではないけれど、

赤ちゃんのようなお婆ちゃん。

 

俺は大学で実家を離れてから

年に1回も帰らないんだけれど、

 

たまに帰ると婆ちゃんに話しかける。

 

「婆ちゃん元気?」

「アイス食べる?」

 

そう言うと婆ちゃんはニコニコして、

 

「はい、ありがとうございます」

「ほんにお世話になります」

 

と返してくれる。

 

俺を孫とは認識していない感じだけれど、

愛おしい婆ちゃんだ。

 

そんな婆ちゃんと、

父ちゃん母ちゃんの3人暮らしの実家。

 

そこに正月の1月2日、

数年ぶりに親父の兄弟達が集まったんだ。

 

(俺から見たら2人の叔父さん)

 

亡き爺さんの家族が大集合したが・・・

スポンサーリンク

婆ちゃんの言葉に困惑する一同

爺さんが元気だった頃は、

よく正月に一族で集まったもんだけれど、

 

今回はイギリスに長期赴任中の

叔父さんが帰ってくるから、

 

折角なので婆ちゃんを囲んで宴会しよう、

みたいなことになったらしい。

 

実家は九州のド田舎。

 

家の隣が藪とか裏山とかそんな感じだ。

 

三兄弟の長兄である親父は、

 

久々に自分の兄弟達が揃うことに

テンションが上がっていた。

 

中でも末弟の叔父さんは

数年ぶりに日本へ帰って来るとかで、

 

かなり久々に会うこともあってか、

 

また自分が働いて大学まで行かせるほど

可愛がっていたせいなのか、

 

前日の元日からソワソワしていた。

 

(おめえは、てめえの息子よりも

弟に会えることの方が嬉しいんかいw)

 

・・・みたいな。

 

当日の昼前、

 

まず隣の市に住んでいる叔父さん(次男)夫妻と、

俺の一つ下の従兄弟がやってきた。

 

昼を少し回る頃に、

イギリスの叔父さん(バツ1)も一人でやってきた。

 

朝から忙しく宴席の準備に

奔走していた母ちゃん。

 

そこへ助っ人の叔母さん達も加わって、

13時前には宴会の準備が整った。

 

座卓を2つ並べ、

お婆ちゃんを上座に配し、

 

続き親父、

叔父さん達と皆が揃う。

 

ご馳走が運ばれ酒が並ぶ卓上を見て、

 

何が始まるのかとニコニコしている

婆ちゃんの横で、

 

親父が年始の挨拶をし始めた。

 

歳の離れた長兄であることもあってか、

かなりの親分風を吹かす親父。

 

そんな親父の見た目や喋り方が

死んだ爺さんに近づいたことを、

 

イギリスの叔父さんは笑いながらからかった。

 

答えてガハガハ笑う親父。

 

それがまた爺さんに似ているらしく、

叔父さん達は爆笑した。

 

寒い中でも縁側を開けて薄く日が差して、

暖房を焚いて少し暖かく少し肌寒くて、

 

凄くいい和やかムードの正月。

 

親父の新年の挨拶を皮切りに宴会がスタート。

 

久々に会う兄弟に一族。

 

母ちゃんの気合の入りまくった料理で、

親父のテンションは上がりっぱなし。

 

真っ赤な顔でガハガハ笑い、最高潮。

 

軍人気質だった死んだ爺さんのモノマネで、

「気をつけぇっ!」と言っては笑っている。

 

叔父さん達も「兄貴は、兄貴は、」

みたいな感じでヨイショして、

 

本当に楽しい宴になった。

 

宴もたけなわの中、ふと見ると、

 

上座に置いた籐の椅子の中の婆ちゃんが、

珍しく不機嫌な顔でいる。

 

不機嫌というか、

何か言いたげな・・・不満げな・・・

 

そして、

少しおどおど挙動不審的な・・・

 

皆が婆ちゃんを無視しているからかなと思い、

 

「婆ちゃん、大丈夫?」

 

と話しかけても下を向いて返事は無い。

 

普段婆ちゃんのお世話をしている母ちゃんが、

朝から宴の準備で忙しく動き、

 

婆ちゃんの世話まで回らんからかな?と思うも、

俺も従兄弟たちと話が弾み放っておいた。

 

・・・暫くして、

 

従兄弟が婆ちゃんのおかしな様子に

いち早く気がついた。

 

ブツブツと何やら小声で囁いている。

 

話しかけてもこちらを見ず、

 

(かたく)なな顔で前を見て、

訴えるように囁いている。

 

「何やろね?」

「疲れたんかいな?」

「もう寝たいっちゃない?」

 

という話になり、親父が、

 

「おう、じゃあ婆ちゃん部屋に連れけ」

 

と母ちゃんに言った。

 

それなら皆で写真撮ろうかという話になり、

カメラを掴む俺。

 

婆ちゃんを囲み、

うちの一族が集まった。

 

「はい、チーズ」

 

俺はシャッターを押す。

 

光るフラッシュに婆ちゃんがハッとし、

弾けるように叫びだした。

 

「シゲルー!この男じゃ!

父様を殺したのは!」

 

震える指で横の親父を指差す婆ちゃん。

 

シゲルと呼ばれて固まるイギリスの叔父さん。

 

そして、

婆ちゃんの言葉の内容に困惑する一同。

 

凍った空気の中、

狂気の婆ちゃんが続ける。

 

「こん男が父様を殺してお前を捨てたとぞ!

こん男が!!

 

カワシマの藪で父様をうっ殺して、

お前を捨てるように甥(おい)に言ったと!」

 

瞳孔が閉まり、泡を溜めた口で、

繰り返し叫ぶ婆ちゃん。

 

皆が押し黙り、凍った空気の中で、

婆ちゃんの怒声だけが響く。

 

「おい、婆ちゃんを連れて行け!!」

 

母ちゃんに怒鳴る親父。

 

母ちゃんはおろおろとしながら、

婆ちゃんを抱えるように立ち上がった。

 

母ちゃんに抱えられながらも、

 

振り返って髪を振り乱して

父ちゃんを睨む婆ちゃん。

 

「人殺し!人殺し!

シゲル許してくれ・・・」

 

・・・と。

 

実は、うちの田舎で未だ解決していない

殺人事件が一つある。

 

昭和の昔、

カワシマの藪と呼ばれる裏の小山で、

 

地元の地主の男が

(なた)で打ち殺された事件だ。

 

事件は昭和の動乱の時代。

 

田舎のせいか、

ろくな捜査もなく迷宮入りとなったらしい。

 

婆ちゃんはその被害者の『元奥さん』で、

後に爺さんの後妻に入った。

 

その後、程なくして、

 

地主と婆ちゃんの子供であるシゲルさんは、

他所の町に貰われていったのだとか。

 

戦後、大陸から着の身着のままで帰った

貧農出の爺さんが、

 

何故に大きな屋敷を構えるまでなったのか、

子供一同が悟った瞬間だった。

 

その年の1月の終わりに、

婆ちゃんが施設に入ることになったと聞いた。

 

何の記憶がどんな形で蘇ったのかは

分からないけれども、

 

どうも親父に怯えているし、呆けが進行し、

通常の生活が困難になったからだとか。

 

そう言えば、爺さんの若すぎた死にも、

いくつか不審な点があったらしい。

 

死因は心不全だったが、

突発的な呼吸障害による云々(うんぬん)だとか。

 

婆ちゃんが明け方に父ちゃんに電話して、

 

爺さんが息しとらんに始まり、

バタバタした葬式だったが、

 

部活が忙しく喪中でも朝練に行っていた俺は、

よく事情を知らない。

 

散乱した情報を拾い集めて、

背景を想像するのがほんのり怖い。

 

また一族全員が集まることはあるのかな・・・

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください^^
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←←ランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年3月
« 2月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ