おかしな運転手のタクシー

残業のため終電で帰ってきた私は、

バスがもう終わっていたため、

タクシーに乗って帰ろうとしました。

 

タクシー乗り場にて、しばし待つこと数分。

 

すぐに自分の乗る順番がきて、

私はタクシーに乗り込むと、

家の近くのコンビニを指示しました。

 

残業でかなりイライラしていたので、

私は相当に不機嫌でした。

 

なので仏頂面で窓の外の景色を

ひたすら眺めていました。

 

ここまでは、なんと言うことのない

普通の話です。

 

しかし、普段からタクシーに頻繁に乗る私は、

今日に限って、何故か運転手の

真後ろに座りました。

 

普通一人でタクシーに乗るならば、

乗ってすぐの助手席の後ろに座りますよね?

 

でも、自分でも解らないのですが、

今日に限って、わざわざ運転手の

真後ろまで移動したんです。

 

そしてその時は、その不思議な行動を

疑問にも思いませんでした。

 

数分ほどタクシーに揺られていると、

タクシーは何故か目的地までの道を外れて

見当違いの方へ曲がります。

 

私は慌てて運転手に言いました。

 

「ちょっとちょっと。何でそこで曲がるんです?

そっちじゃないでしょう」

 

しかし、運転手は

不思議そうに聞き返してきます。

 

「え?だってお連れさんの家の方が近いですし、

先にそっちに行かれるでしょう?」

 

一瞬、運転手が何を言っているのか

理解できませんでした。

 

「お連れさんて、何のことです?」

 

するとタクシーは止まり、

運転手が後ろを振り向きました。

 

「お客さ・・・」そう言うと運転手の顔が

明らかに強張りました。

 

薄暗い車内の中で

明らかに表情が動揺しています。

 

「あ、あれ。

もう一人女性の方と一緒でしたよね?」

 

もちろん車内には、

私と運転手の二人しかいません。

女性など乗っているわけがないのです。

 

「何言っているんですか。

私は初めから一人でしたよ!

ちょっとふざけないでくださいよ!」

 

残業でイライラしていた私は、

かなりきつく運転手に言いました。

 

「だって、お客さんと一緒に

女の人が一緒に乗って。

それでお客さんは○○までで、

女の人は××までと確かに・・・」

 

運転手は、おろおろしながら

私に弁解します。

 

そして突然こう言いました。

「お客さん料金要らないから

ここで降りてください!」

 

いきなりの事で呆気に取られましたが、

私はその言葉にひどく腹を立てました。

 

「何を言い出すんですか。

訳のわからないことを言ったり、

途中で降りろだの。何なんですか!?」

 

「いいから!

お願いですから降りてください!

お金は要りませんから・・・」

 

運転手の懇願に立腹しながらも、

こんなおかしな運転手のタクシーになんて

これ以上乗っていられないと

私はそこで降りました。

 

そしてそこから歩いて帰ることにしました。

 

歩きながら私は、ふと

あることに気づきました。

 

運転手が言っていた××という場所。

 

確か昔に帰宅途中のOLが

ストーカーに襲われて亡くなったという

事件が起こった場所でした。

 

それを思い出した私は途端に怖くなって

家まで走って帰りました。

 

こんな怖い思いをしたのは、

生まれて初めてです。

 

今日も残業で仕事が遅くなるだろう

事がわかっていたので、

仮病を使って会社を休みました。

 

今日ばかりは、

タクシーに乗りたくなかったですから・・・。 

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。

ピックアップ③

アクセスランキング

このページの先頭へ