先輩が俺を探してる理由

昔の話だが夏休みに中学校の理科室で、

先生に断って実験をさせてもらったんだよ。

 

午前中、先生が部活でいる時だけ

って条件で。

 

すげーうれしくて、理科室行ったら

知らない先輩が別のテーブルで実験してる。

 

それで、1週間も一緒に実験してるうちに

色々教えてくれて仲良くなったんだけど、

 

ある時、自分が少し遅れて、

午後10時ごろかな。

 

先輩が理科室で倒れててさ。

死因は持病の心臓関係の病気だったらしい。

 

葬式にも行って、お棺の横に

実験レポート置いたのを覚えてる。

 

一人になった理科室は寂しくてさ。

 

中学卒業って日にも、

先輩の墓参りに行ったよ。

 

それで今、俺は母校で理科教師をやってる。

 

でもさ、教えてる生徒たちがたまに言うんだよ。

「理科室に幽霊がでる」って。

 

もしかして、先輩?とか思うけど、

生徒の前にしか出て来ないんだとさ。

 

それで、こう言うんだって。

「○○(俺の名前)はどこだ?」

 

○○って名前は結構ポピュラーだから

話題にはならないけど、

先生のこと探してるんじゃない?

とか、生徒に言われる。

やっぱり覚えてるのか・・・。

 

先輩の研究結果を、

俺の研究として出展したのを・・・。

 

先輩、ごめんなさい。

 

冬休みに時々、理科室に行くんだ。

先輩に逢いたいと思ってな。

 

でも、いつも廊下で止まっちゃうんだよ。

先輩が俺を探してる理由を考えてしまってな。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。

ピックアップ③

アクセスランキング

このページの先頭へ