インチキ霊媒師に降りかかった災い

水晶

 

とある霊媒師の話。

 

その霊媒師は、巧みな話術で相手に霊の存在を信じさせ、金を稼いでいた。

 

そしてその霊媒師自体、霊は見えていなくて、霊の存在も信じていなかった。

 

「霊の存在は俺の稼ぎの道具」程度の認識だったらしい。

 

そんなある時、その霊媒師はとある男性から相談を持ちかけられた。

スポンサーリンク

アナタの腰にしがみ付いている

「部屋の中に女の霊がいて困っている」

 

霊媒師の経験からいって、そういうのは見間違いか妄想からくる幻覚なのだ。

 

だが、霊媒師は仕事モードに入り、神妙な顔を作って「あなたから邪悪な何かを感じます」と言った。

 

男性は顔を真っ青にして、「やっぱりか・・・」と呟いた。

 

そして、その男性の家へ行くことになった。

 

いわゆる高級マンションの一室で、男性は一人暮らし。

 

それに、一人暮らしにはあまりにも広すぎる部屋だった。

 

部屋に入った時、霊媒師は少し背筋に寒気が走ったが、冷房のせいだと納得した。

 

リビングに入るなり、男性は「どうですか?」と尋ねてくる。

 

霊媒師は適当に部屋の片隅を指差し、「あの辺りに女性の姿が見えます」と言った。

 

すると男性はキョトンとして、「そうなんですか?僕がいつも見ている女性はアナタの腰にしがみ付いているのですが・・・」、と返した。

 

霊媒師は思わず自分の腰を見た。

 

そこにいたのは・・・・・・。

 

霊媒師は後日、再び男性と会った。

 

霊媒師は男性に、自分がインチキだったと謝ろうとした。

 

だが、男性は分厚い札束を霊媒師に渡し、晴れやかな笑顔でこう言った。

 

「ありがとうございます。おかげで女性の霊はいなくなりました」

 

実を言うと、この話に出てくる霊媒師は、俺の小学校の時からの友人だった。

 

ある日いきなり呼び出され、この話を聞かされた。

 

友人は真っ青な顔をしていて、何かに取り憑かれたかように狂った勢いで言葉を発していた。

 

友人は男性の部屋で何を見たのか、頑なに口を閉ざした。

 

そして少し落ち着いた頃、俺達は別れた。

 

だが、別れ際の友人の言葉が今でも忘れられない。

 

「お前は気に入られなかったみたいだな。良かったな」

 

この言葉が何を意味していたのか?

 

それはおそらく永遠に分からないだろう。

 

友人はこの翌日、「俺は気に入られた。俺は逃げなきゃ」という置手紙を残して姿を消した。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ