おまえは山を知らなすぎる

山

 

人の話は良く聞くこと。

 

そして、決して聞き流してはいけない。

 

耳を傾けるだけでもいい。

 

それを怠ると、この男の様になり得ない。

 

ぜひ注意していただきたいものだ。

スポンサーリンク

山で遭遇してはいけないもの

武男は毎年お盆になると、実家がある福島へ帰省していた。

 

今年も変わらず会社に有給届けを出し、実家へ帰る。

 

ただ今回、武男にはちょっとした目的があった。

 

武男は元々田舎育ちではなく、福島の実家も親が少ない退職金を使って移り住んでいた。

 

せっかく田舎に行くわけだから山を心ゆくまで満喫したい、という小さな目的だった。

 

早朝に都内の家を出たおかげで、昼頃には実家へ着き、一段落着くことが出来た。

 

昼食も終わり、武男は目的である「山歩きをしたい」と父に話した。

 

母は「良いわね~」と賛同したが、父は顔をしかめてぼやき出した。

 

「昼からじゃ帰りが・・・。もし迷ったら・・・。山道は危険だ・・・」

 

武男の父は小さい頃、田舎暮らしだったので山には詳しい。

 

父が話しているのを遮るように、武男は母親に「行ってきます」と声をかけた。

 

「気を付けろよ、早く帰れ・・・。山はな・・・」

 

父は、まだ話していた。

 

武男は「分かった」と言うと、煩わしく感じたのかすぐさま家を出た。

 

山とはいえ、実家の周りが山に囲まれているため、武男は気楽に歩きたかっただけなのだ。

 

道なき道を無心で歩く。

 

それだけで武男は自然と心地よさに満たされてゆく。

 

一応携帯を確認してみると、電波は届くようだ。

 

武男は少し安心した。

 

その安心のせいか、武男は自由に歩いた。

 

しばらくして周囲を見渡すと、案の定、武男は道に迷ってしまった。

 

ただ、この時点ではまだ家からそんなに離れていないため、簡単に引き返せるだろうと武男は思った。

 

ところが、そうはいかない。

 

辺りは次第に暗くなってゆき、武男に焦りが見えた。

 

武男に恐怖が芽生え始めた時、武男の表情が安堵に変わる。

 

遠くに人影が見えたからだ。

 

地元の男の人だろうか。

 

武男は大声を出し、「迷ってしまい道を教えて欲しい」と男に声をかけた。

 

その時、プルルル・・・プルルル・・・と武男の携帯が鳴った。

 

父からだ。

 

父はどうやら心配して電話をかけたらしく、「大丈夫か?迷ったのか?」と一方的に話を続ける。

 

武男はもう安心しているのか、「大丈夫だから」と父に話した。

 

しかし、父は話を続けた。

 

「おまえ山は危ないんだぞ!山には何がいるか、おまえは山を知らな過ぎる!山で遭遇してはいけないものを知っているのか?!」

 

武男が熊だろ?と言いかけた、その時・・・。

 

「人だよ」

 

父が呟いた。

 

武男の心臓が凍る。

 

武男にその言葉の意味が分かるまで、そう時間はかからなかった。

 

息を詰まらせた武男。

 

前を見ると、男はすぐ側に立っていた。

 

落ちゆく夕陽を背にし、表情をピクリとも変えずに・・・。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ