その池には何故かバスが居つかない

池

 

これは、知り合いの身に起きた話だ。

 

彼曰く、まだバスの放流が違法ではなかった時代の事らしいが、バスフィッシングにひどく熱を入れていたという。

 

友人に誘われたことがきっかけでハマってしまい、終には自分の持ち山にある池にもバスを放流しようと企んだ。

 

休日になると余所からブラックバスを釣ってきて、せっせと自分の池に放す。

 

そんなことを何ヶ月も続けたという。

 

しかし、何故かその池にはバスが居つかない。

 

いつまで経っても、確認できるのは小振りなフナの類いだけ。

 

「妙だな。俺が放したバスすら居ないっていうのは・・・」

 

そう訝しみはしたが、根気よく放流を続けていた。

 

そんなある日、遠征がすっかり遅くなり、帰宅した時には既に真っ暗になっていた。

 

いつものように池に向かい、バスを放流する。

 

しかし暗闇で目算が狂い、うっかり足を滑らせて胸まで池水に浸かってしまった。

 

慌てて陸に上がろうとしたが、水草に絡まったのか浮かぶことが出来ない。

 

必死でもがいていると、誰かが力強い手で彼を掴み、地面の上に引き上げてくれた。

 

「あ、ありがとうございます」

 

息を整え、礼を述べてから顔を上げる。

 

そこに居たのは、全身が蒼黒い藻で覆われた“人型の何か”だった。

 

目鼻口は確認できず、濡れそぼった端から水が垂れている。

 

それに、ひどく生臭い。

 

・・・何だこれ!?

 

混乱している彼に向かい、ソレはこう言った。

 

「いや、こちらもいつも世話になっているのでな」

 

世話をした憶えなどない彼が戸惑っていると、嬉しそうにソレは続ける。

 

「いつも魚をありがとう。お前さまが持ってきてくれる魚は大きくてよろしい」

 

その言葉を聞いた瞬間、彼は理解した。

 

いや、理解してしまった。

 

この池にバスが居つかない理由を。

 

「・・・あ、でも残念ながら、魚を持ってくるのは今日が最後になるんです・・・」

 

彼は必死で頭を働かせ、どうにかそれだけを口にする。

 

「そうか、それは残念だな。本当に残念だ」

 

ソレは溜息を一つ吐くと、別れの挨拶を述べてから池の中へ沈んでいった。

 

その姿が水に没するのを確認してから、へっぴり腰で逃げ出した。

 

彼はその後、すっぱりとバスフィッシングはやめてしまったそうだ。

 

さらには件の池に通じる獣道には柵を設け、誰も近寄れないようにしてあるという。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ