ギターを抱えてベンチに座っている老人

ベンチ

 

これは、俺が無職だった頃の話だ。

 

公園を散歩していたら、『ギターを大事そうに抱えてベンチに座っている男性の老人』を見かけた。

 

暇だから声をかけてみたところ、その老人はこんなことを話してくれた。

 

定年退職直後に事故で右足が利かなくなり、そのせいで奥さんと熟年離婚してしまった。

 

退職金もほとんどが慰謝料(事故の?)として持っていかれ、わずかに残ったお金をはたいて昔に憧れていたギターを1本買った。

 

しかし今はもう弾き方も忘れ、ただ抱えているしか出来ないが、それでも今はこうしていることが幸せなのだという。

 

その後、俺は就職先も決まって忙しくなった為、それからはしばらく公園に行かなかった。

 

だが、ある時ふと老人のことを思い出して、その公園を訪れた。

 

しかし、いつもいたベンチにその老人は居なかった。

 

通りかかった人に聞いたところ、ある冬の日の朝、ベンチに腰掛けたままギターを愛おしそうに抱えて死んでいたそうだ。

 

家族のために頑張ってきたはずなのに、孤独な最期を迎えた老人が悲しすぎると思ったと同時に、もし無職のままだったら俺も将来そうなってしまうのかな、としじじみ思った。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ