一人になりたかった少年の半生

少年

 

少年が中学一年生の時に、両親は交通事故で死んでしまった。

 

即死だった。

 

その後、少年は親戚の老夫婦に引き取られたが、少年の心は酷く荒んでいた。

 

少年は悪い仲間と一日の大半の時間を過ごすようになり、あまり老夫婦の家にも寄り付かなくなった。

 

世界に希望は無いように思えた。

スポンサーリンク

彼は望み通り・・・

少年には六歳年下の弟がいた。

 

少年にとって弟は唯一の肉親であり、守るべき存在であった。

 

少年は高校に入学後、すぐにバイトを始め、それに精を出した。

 

老夫婦はとても優しく、少年もいつしか彼らを愛してはいたのだが、両親の喪失を経験した彼にとって、優しさや愛は危険なものだったし、中学時代の不良経験を経て、「他人に迷惑をかけるのは嫌だ」という考えを積み上げた少年は、どうしても自分の力で生きていきたかったのだ。

 

一人になりたかった。

 

金を貯めてアパートを借り、ある程度余裕が出来たら老夫婦に恩返しをするんだ、弟の誕生日にはグローブとバットを・・・。

 

そんな事を想いながら必死に働き、もちろん勉学にも励んだ。

 

日々は早回しのように過ぎ、少年は高校三年生になった。

 

少年はその日も遅くまで働いていた。

 

貯金も二百万円を越え、少年の心には確かに希望があった。

 

帰り道、老夫婦の家の前には人だかりが出来ており、そこに家は無く、あるのは家の残骸だった。

 

優しい老夫婦と守るべき弟は、優しかった老夫婦と守りたかった弟に姿を変えた。

 

のちに通行人のタバコの火が原因だと分かったが、そんな事はどうでもよかった。

 

犯人などというものにも興味はなかった。

 

彼は望み通り、独りになった。

 

まぁ、その彼って俺なんだけどね。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2019年3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ