焦げ臭い空気が漂うことのある会社

火葬

 

今勤めている会社に入社した当日、「何か焦げ臭くないですか?」と先輩方に聞いた。

 

しかし、「そんな焦げるようなものは無いけどなあ・・・」と、みんな首を傾げていた。

 

それ以降も、たまに焦げ臭い空気が漂うことがあった。

 

それは大抵朝の9時~10時頃か、昼下がりの14時~15時頃で、誰も居ないのに誰かが通ったかのように、ふわりと空気が動いた後が多かった。

 

その見えない誰かが通ると、ほのかに生暖かい風が吹き、焦げ臭いニオイが漂う。

 

俺があまりに焦げ臭い焦げ臭いと言うからか、ある時に同僚の一人が「それはどっちから臭ってくるの?」と聞いてきた。

 

聞かれた俺は、「こっち」と壁を指差した。

 

まさかそっちの方角の延長上に、それも300メートルも離れていない隣の山に『火葬場』があったとは・・・。

 

どうやらアパートだけでなく、職場も霊の通り道だった模様。

 

一人で仕事をしていると、廊下を挟んだ向かいの課長室の扉が開く音と、誰かが課長室に入る気配で顔を上げる。

 

だが、扉も開いていないし、誰も居ない。

 

課長室に入っていく気配はすれど、課長室から出てくる気配を感じたことが無いのは、課長室が火葬場と職場(自分の席)の延長だからだろうか。

 

それにしても、扉が開くことはあっても閉まる気配も音も無い。

 

それでも、必ず開ける音と気配しかしないというのは妙な話だ。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2019年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ