ヒッチハイク中に出会ったキャンピングカー 1/7

今から7年ほど前の話になる。

 

俺は大学を卒業したが、

就職も決まっていない有様だった。

 

生来、追い詰められないと

動かないタイプで、

(テストも一夜漬けタイプだ)

 

「まぁ何とかなるだろう」と、

お気楽に自分に言い聞かせ

バイトを続けていた。

 

そんなその年の真夏、

悪友のカズヤ(仮名)と家で

ダラダラ話していると、

 

なぜか、

「ヒッチハイクで日本を横断しよう」

という話に飛び、

 

その計画に熱中する事になった。

 

その前に、この悪友の紹介を

簡単に済ませたいと思う。

 

このカズヤも俺と同じ大学で、

入学の時期に知り合った。

 

コイツはとんでもない女好きで、

頭と下半身は別という、典型的なヤツだ。

 

だが、根は底抜けに明るく、

裏表も無い男なので、

 

女関係でトラブルは抱えても、

男友達は多かった。

 

そんな中でも、カズヤは俺と

一番ウマが合った。

 

そこまで明朗快活ではない俺とは、

ほぼ正反対の性格なのだが。

 

ヒッチハイクの計画の話に戻そう。

 

計画と言ってもずさんなものであり、

まず北海道まで空路で行き、

 

そこからヒッチハイクで地元の九州に

戻って来る、と言う計画だった。

 

カズヤは「通った地方の、最低でも

一人の女と合体する!」と、

 

女好きならではの

下世話な目的もあったようだ。

 

まぁ、俺も旅の楽しみだけではなく、

そういう期待もしていたのだが・・・

 

カズヤは長髪を後ろで束ね、

一見バーテン風の優男なので、

(実際、クラブでバイトをしていた)

 

コイツとナンパに行って、

良い思いは確かにした事があった。

 

そんなこんなで、

 

バイトの長期休暇申請や、

北海道までの航空券、

巨大なリュックに詰めた着替え、

現金などを用意し、

 

計画から3週間後には、

俺達は機上にいた。

 

(俺はちょうど別のバイトを探す

意思があったので辞め、

カズヤは休暇をもらった)

 

札幌に到着し、昼食を済ませて

市内を散策した。

 

慣れない飛行機に乗ったせいか、

俺は疲れのせいで夕方にはホテルに戻り、

カズヤは夜の街に消えていった。

 

その日はカズヤは帰って来ず、

翌朝ホテルのロビーで再開した。

 

にやついて指でワッカを作り、

OKマークをしている。

 

昨夜はどうやら、ナンパした女と

上手くいった様だ。

 

さぁ、いよいよヒッチハイクの始まりだ。

 

ヒッチハイクなど2人とも

人生で初めての体験で、

流石にウキウキしていた。

 

何日までにこの距離まで行くなど

綿密な計画はなく、

 

ただ「行ってくれるとこまで」という、

大雑把な計画だ。

 

まぁしかし、そうそう止まってくれる

ものではなかった。

 

1時間ほど粘ったが、

一向に止まってくれない。

 

「昼より夜の方が止まって

くれやすいんだろう」

 

などと話していると、

 

ようやく開始から1時間半後に、

最初の車が止まってくれた。

 

同じ市内までだったが、

南下するので距離を稼いだのは稼いだ。

 

距離が短くても嬉しいものだ。

 

夜の方が止まってくれやすいのでは?

という想像は、意外に当たりだった。

 

一番多かったのが長距離トラックだ。

 

距離も稼げるし、まず悪い人はいないし、

かなり効率が良かった。

 

3日目にもなると

俺達は慣れたもので、

 

長距離トラックのお兄さん用には

タバコ等のお土産、

 

普通車の一般人には

飴玉等のお土産、

 

と勝手に決め、

コンビニで事前に買っていた。

 

特にタバコは喜ばれた。

 

普通車に乗った時も、

喋り好きなカズヤのおかげで、

常に車内は笑いに満ちていた。

 

女の子2~3人組の車もあったが、

正直、良い思いは何度かしたものだった。

 

4日目には本州に到達していた。

 

コツが掴めてきた俺達は、

その土地の名物に舌鼓を打ったり、

 

一期一会の出会いを楽しんだりと、

余裕も出てきていた。

 

銭湯を見つけ、

なるべく毎日風呂には入り、

 

宿泊も2日に1度はネカフェに泊まると決め、

経費を節約していた。

 

ご好意でドライバーの家に

泊めてもらう事もあり、

 

その時は本当にありがたかった。

 

しかし、2人共々に、

生涯トラウマになるであろう恐怖の体験が、

 

出発から約2週間後、

 

甲信地方の山深い田舎で

起こったのだった。

 

「おっ♪おっ♪おま○こ、おま○こ

舐めたいなっ♪ペロペロ~、ペロペロ~」

 

男友達だけの集まりになると、

いつもカズヤは卑猥な歌を歌い出す。

 

その夜もカズヤは歌い出した。

 

その日の夜は、2時間前に寂れた国道沿いの

コンビニで降ろしてもらって以降、

 

中々車が止まらず、

 

それに加えてあまりの蒸し暑さに、

俺達はグロッキー状態だった。

 

暑さと疲労の為か、

俺達は変なテンションになっていた。

 

(続く)ヒッチハイク中に出会ったキャンピングカー 2/7へ

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ