携帯電話の代替機を借りたのだが・・・

携帯電話 ガラケー

 

去年、俺の身に実際に起こった話だ。

 

ある時に携帯電話の調子が悪くなり、キャリアの店に持ち込んだ。

 

修理の為に預ける事になったが、「代替機が無い」と言われた。

 

他の店に持ち込もうかと思っていた矢先、一番若い女性の店員が「これ、使えないんですか?」と、一台の携帯電話を持ってきた。

 

俺が修理に出した携帯電話と同じメーカーだったし、こちらとしては都合が良い。

 

ところが、他の店員たちが集まって、何やら相談を始めた。

 

「・・・ホントにいいの?」

「まずいんじゃ・・・」

「もしかして・・・また・・・」

・・・・・・

 

そんな会話がボソボソと聞こえてくる。

 

他の店に改めて行くのが面倒だった事もあり、「少しぐらい調子が悪くても電話が受けれたらいいですよ」と、俺は催促するように話しかけた。

 

結局、その携帯電話を代替機として預かってきた。

スポンサーリンク

店員は何を知っていたのか・・・

経験した人なら分かると思うが、代替機を借りる時には“中身がリセット”されていることを店員と確認する。

 

もちろん、その時も確認して書類にサインをした。

 

ところが、帰宅してから代替機の携帯電話を触っていたら、発信履歴に見慣れない番号があった。

 

それも、日付が半年も前の・・・。

 

携帯電話の日付や時刻の設定は間違っていないし、この代替機から誰にも電話をかけた覚えが俺には無い。

 

何より俺は基本的に”受ける方”が専門に近くて、ほとんどの用事はメールで済ませるタイプだ。

 

気にはなったが、借りる時から調子が悪そうな口振りだったし、このぐらいの事は気にしても仕方ないと思った。

 

そして翌日。

 

借りた代替機に特に調子の悪い部分は無く、俺は知り合いとメールをしていた。

 

やり取りをしている時にちょっとした操作ミスをやらかし、最新の受信メールから一番古いメールに表示が切り替わった。

 

メルマガやら仕事の連絡でメールを頻繁に受信する事もあり、俺の受信ボックスにはせいぜい一ヶ月前のメールしか無い。(保護してあるメールは別)

 

ところが、一番古いメールは見覚えの無いデコメで、それも半年も前のメールだった。

 

※デコメ

デコレーションメールの略で、メールの文字に着色したり、メールに文字以外の静止画像や動く画像を挿入することができるサービスのことです。

 

絵文字も無く、黒の背景にオレンジで、たった一行だった。

 

『ねえ?見えてる?』

 

凄く気になって、『いつ送ったメール?』と返信してみた。

 

案の定、送信完了と同時に”未達”のエラーメールが届く。

 

ところが、それと同時にもう一通のメールまで受信していた。

 

つまり、二通同時に受信していた。

 

一通はエラーメール。

 

もう一通の別のメールには、黒背景にオレンジの文字で一言だけ書かれていた。

 

『今』

 

それから何通かメールをしても、毎回エラーメールが届く。

 

それに伴って返事のメールも届く。

 

やり取りで分かった事は、相手が20代の女性で、一人暮らしをしているらしいということ。

 

興味を持つと同時に、だんだんと気味が悪くなってきて、その日はメールを止めた。

 

翌朝に起きると、メールの着信ランプが点滅していた。

 

いつも寝ている間にメルマガが届くから毎朝の事だ。

 

ただいつもと違うのは、前日にメールした正体不明の相手から、『見えるの?』、『見えてないの?』と交互に数十通のメールも届いていた事だ。

 

さすがに気持ち悪くなり、前日のやり取りも含めた全てのメールを削除し、拒否リストに入れてから仕事に出掛けた。

 

昼飯の時間になって携帯を触っている時、半年前のメールがまだ残っている事を思い出した。

 

黒背景にオレンジの文字のデコメ。

 

正確には”HTMLメール”という。

 

その時、その文字にリンクが貼られている事に気付いた。

 

リンクをクリックすると地図が表示された。

 

見慣れたGooglrの地図。

 

そして、表示されていた場所は【俺の自宅】だった。

 

一気に悪寒が走った。

 

言いようのない嫌悪と恐怖。

 

例えば、俺自身が自宅にいる時にクリックした結果が自宅の地図ならば、現在地を表示するリンクが貼られていたんだなと解釈すればまだ納得は出来る。

 

ところが、今は自宅とかけ離れた場所に居るにもかかわらず、明らかに自宅の地点を指定した地図が表示されている。

 

それも、半年前のメールに・・・。

 

頭がパニックになりそうになっている状態で、気が付くと新しいメールを受信している。

 

『見えた?』

 

黒の背景にオレンジの文字。

 

そしてさらに、とんでもない事実に気付いた。

 

この何者かからのメールには、受信音も通知ランプも点かない。

 

他のメールは通常通りの受信音で通知ランプも点く。

 

メールのやり取りをしているうちは、エラーメールと同時に届くから全く気にしていなかった。

 

無音で気付いたら受信している。

 

『裸だから寒い』

『暗くて怖い』

『誰も来ない』

・・・・・・

 

次々と受信するメール。

 

受信拒否も意味が無い。

 

俺の事を知っている誰かがイタズラしているのかとも思ったが、受信拒否や半年前のメールの説明が付かない。

 

質問すると、返事が届いていたメールは段々と一方的になり、『怖い』、『見てる?』、『寒い』をリピートし始めた。

 

あまりの気持ち悪さに、友人の使わなくなった携帯電話を借りる事にし、この代替機を店へ返却する事にした。

 

店のカウンターで返却の手続きをしてる最中に、未読メールが一通ある事を店員に教えられた。

 

それはまさに今の時刻が刻まれた『独りにしないで』というメールだった。

 

そして、ただただ黒いだけの画像が添付されていた。

 

店員は何かを知っているらしく、妙に顔が引き攣っていた。

 

(あわただ)しく店員は代替機をリセットし、手続きを終わらせた。

 

後日談

代替機を借りてすぐに見つけた半年前の発信履歴は、実は顔見知りの携帯番号だった。

 

気になってメモしていたのを知り合いに見せたら、「見覚えがある」と言われて調べてもらった。

 

連絡先の交換はしていないが、顔見知りの女性だった。

 

実はこの女性、半年ほど前から失踪しているという。

 

あの変なメールはそれっきり届かなくなったし、忘れようとしていたが・・・。

 

数日前だった。

 

自分が寝ていたはずの時間に、その番号へ発信した履歴が残っていた。

 

ちなみに、俺は一人暮らしだ・・・。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ