両親殺しの女霊

それは、蛙とコオロギの鳴き声が響く、

夏も終わりかけたある夜の出来事だった。

 

「・・・この家だってよ。

出るって有名な家」

 

僕とKは、

その二階建ての一軒家の周りを、

ぐるりと囲む塀の外から眺めていた。

 

風は意外に冷たく、

そういう季節はもう過ぎたのだと感じる。

 

なのに、僕らはまた

肝試しに来てしまっていた。

 

僕とKとS、

いつものメンバーだ。

 

発案者はKだ。

 

奴のオカルト熱は季節に関係なく、

いつでも夏真っ盛りらしい。

 

「二階あたりに女の霊が出るって噂。

今は・・・見えねえけどな。

窓に映るらしいぜ」

 

Kの言葉に、

僕は二階の窓を懐中電灯で照らした。

 

Sはというと、

道の脇に停めた車から出てこず、

運転席側の窓から右肩と頭だけを出して、

つまらなそうに家を眺めていた。

 

「おいS、出て来いよ。

なに一人だけ車乗ってんだよ

おめーはよ」とKが言う。

 

Sは大きなあくびで返す。

 

「・・・さみーんだよ。

それに、誰がここまでずっと

運転してきたと思ってんだ。

・・・俺は寝るぞ」

 

Sはそう言って、

車の中に引っ込み窓を閉めてしまった。

 

「Tシャツ一枚で来た奴がわりーんだよ」

とKがカッカッカッと笑う。

 

でも確かに今日の夜は意外と冷える。

 

おそらく、朝から曇っていたことが

原因だと思うが・・・。

 

お天気おねえさんは、

何と言っていただろうか。

 

そんなことを考えながら、

僕はもう一度、窓を見上げた。

 

ちなみに、僕とKがいる位置と

Sが乗る車の間には、この家の門がある。

門は内側に開いていた。

 

でも、今日は不法侵入はしない。

外から眺めるだけだ。

 

理由は、

ここがそういうスポットだから。

 

「噂じゃ女・・・っていうかここの家の娘な、

事故で下半身が動かなくなったんだってよ。

 

それから女はショックで

段々頭がおかしくなって、

そのせいで両親はその女を、

自宅にずっと閉じ込めてたんだと。

ビョーキ家族だな」

 

と隣でKが言う。

 

いつもならここらで

Sの鋭いツッコミが入るのだが、

上がTシャツ一枚の人間にとっては、

この寒さは多少、分が悪い。

 

「で、事件は起きるわけだ。

その女が夜、寝ている両親の首を

ナイフで掻っ切って、

自分も自殺したんだな」

 

「・・・自殺?」

 

と問い返しながら、

僕は何だか周りがさっきよりも

寒くなった気がした。

背筋がぞわぞわする。

 

「首吊りだってよ。首つり自殺。

こう、ロープにぶら下がって、

ぶらんぶらん揺れてたんだと」

 

Kが舌をべろんと出し、

身体を揺らす。

 

しかし、僕はその時、

Kの話に違和感を覚えた。

 

女は両親を殺して首吊り自殺をした。

けれど、その女は確か・・・。

 

「・・・でもさ、それって、

おかしくないか?」

 

「あ、何が?」

 

「足も動かないのに、

どうやって首吊るんだよ」

 

「どうやってって。そりゃお前・・・」

 

とKが何か言おうとしていた

その口が止まる。

 

ぞわり、と冷たいものが

僕の首筋を撫でた。

 

それはまるで、

大きなつららを直接背中に

当てられた様な感覚だった。

 

足から頭まで、

全身に鳥肌が立つのが分かった。

 

僕とKは、

ほぼ同時に二階の窓を見上げた。

 

二階の一室の窓が徐々に開いていた。

ゆっくり、音も無く。

 

隙間に女の顔が見えた。

 

髪がぼさぼさ。

大きく見開いた目が、

僕ら二人を見据えていた。

 

窓は開く。

 

隙間が広がり、

その首にロープが見えたその時、

女は一気に窓の僅かな隙間から

外へと身を乗り出した。

 

女が頭から落ちる。

 

途中で、その首に巻いてあったロープが

落下を食い止めた。

 

がくんと女の身体が上下に反転し、

二階の窓を支点に振り子運動を始める。

 

ぶらん、ぶらん。

 

枯木のように細い足。

その手にはナイフらしきものが

握られている。

 

一つ、二つ、三つ。

 

その身体が痙攣した。

ナイフが手から落ちる。

その手が宙を掻く。

音は何も無い。

 

その内、女の両手がだらりと

下に垂れさがった。

 

口が開き、真っ赤な舌が

その中に覗いていた。

 

死んだのか、

死んでいるのか。

 

しかし女の目だけは、

未だこちらをぎょろりと見据えていた。

 

僕の口から、何か悲鳴のようなものが

出ようとしていた。

 

と、僕の首筋に

冷たいものが当たった。

 

「ふひゃっ」

 

僕はついに悲鳴を上げて、

実際に飛び上がった。

 

雨だった。

 

しかし、雨のおかげで

一瞬だけだが気がそれた。

 

それから、

ハッとしてまた二階を見上げたが、

そこにはもう何も無かった。

 

首を吊った女の姿も、

窓も閉まったままだった。

 

「・・・ああやって、首を吊ったんだとよ」

 

隣を見るとKは笑っていたが、

無理をしている笑いだと一目で分かる。

 

でもその時は、僕も同じ笑いを

返していたに違いない。

 

なるほど、

確かにあの方法なら

足が不自由でも首が吊れる。

 

すごいものを見たな。

と僕がKに言おうとした時、

 

『 ドサッ 』

 

僕とKは、

またほぼ同時に反応した。

 

何かが落ちた。

塀の向こう側。

 

それから、

ズル、ズルと、布が擦れる音。

 

さっき見た首吊りには、

音は無かった。

 

しかし、

今度は音だけがある。

 

僕とK、それと

Sが乗る車の間にある門。

 

門は開いていたのだが、

そこから手が出てきた。

 

さっきの女の手だ。

ナイフを握っている。

 

もう片方の腕も出てきた。

次いで頭。

首にはロープ。

白い服。

見開いた眼。

垂れた舌は地面を舐める。

 

僕はSに助けを求めようとした。

 

しかし声が出ない。

身体が動かない。

金縛り。

Kも同じらしかった。

 

どうしよう。

こっちにゆっくり這い寄って来る。

 

足は動いてない。

手だけで地面をズルズルと。

 

怖い。

それに近い。

怖い近いこわい近っ。

 

這い寄る女と僕らの距離は、

もう二メートルも離れてなかった。

 

あ、もう駄目かも。

本気でそう思う。

 

突然、光に目が眩んだ。

エンジン音とブレーキ音。

 

気がつくと、

僕らが乗ってきた車が

目の前にあった。

 

金縛りが解け、身体が動く。

 

身体は動いたが、

僕はしばらくその場を動けなかった。

 

運転席側の窓が開き、

Sの眠たそうな声が聞こえる。

 

「・・・おいお前ら、もういいだろ。

雨が降ってきたから帰ろうぜ」

 

僕とKは顔を見合わせた。

 

おそるおそる車の下を覗くが、

そこには何もいない。

 

「こいつ・・・」

 

Kが呟く。

 

「・・・轢きやがった」

 

「あん?ああ、

そういや妙な手ごたえがあったな。

でかいカエルでも潰したか?」

 

僕は何も言えないでいた。

KもSをまじまじ見つめるだけだった。

 

そんな僕らに、

Sは不思議そう顔を見せ、

 

「どうしたお前ら。なんかあったか?

・・・ま、何を見ても聞いてもだ。

そりゃ幻覚に幻聴だ。

ほら、乗れ。もう帰るぞ」

 

僕とKはもう一度顔を見合わせ、

お互い何も言わずに車に乗り込んだ。

 

それは、蛙とコオロギの鳴き声が響く、

夏も終わりかけたある夜の出来事だった。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ