葬式

葬式

 

大学2回生の初秋。

 

サークルの先輩と二人でコンビニへ、

食料を買いに行ったその帰り道。

 

住宅街の大通りから脇に入る

狭い道があり、

 

その手前に差し掛かった時に、

軽い耳鳴りに襲われた。

 

その直後、

 

目の前の道路の上にぼんやりとした

影が見えた気がした。

 

立ち止まりながら眼鏡を拭いたが、

 

やはり人間くらいの大きさの影が

くらくらと揺れている。

 

なんだか現実感が薄い。

 

4つか5つくらいの影が、

 

揺れながら狭い道の方へ

曲がっていった。

 

その向こうには、

 

どこにでもある昼間の住宅街の

光景が広がっている。

 

先輩がその辻に向かい、

影が曲がっていった道の方を見る。

 

「あれか」

 

俺もそれを真似て、

覗き込むように立ち止まる。

 

住宅が立ち並ぶ道の向こうに、

鯨幕の白と黒の模様が見えた。

 

※鯨幕(くじらまく)

白と黒の布を1枚おきに縦に縫い合わせ、上下に黒布を横に渡した幕。葬式などに用いる。

 

そしていくつもの影が、

移ろうような頼りなさで途上にある。

 

なんだか気持ちが悪い。

 

猫の礫死体を見た時のような。

 

「そういえば斎場がありましたね」

 

「うん・・・」

 

カラ返事が返ってきた。

 

この世のものではないものを

ごく日常的に見ている人にとって、

 

この光景はあまり興味を

惹かれないものなのだろうか。

 

「あれが見えるようになったのか。

去年の今頃は気がつかなかったのにな・・・」

 

そんな軽い侮蔑の調子に、

自分のことを言われているのだとわかった。

 

半ば畏(おそ)れ、

半ば馬鹿にして師匠と呼ぶその人は、

 

俺に見えていないものを

あえて教えないスタンスだった。

 

嫌な性格だ。

 

「なんなんですか」

 

「あれは、まあ、幽霊の類だけど。

光に群がる虫と言ったらしっくりくるかな」

 

虫とはあんまりだ。

 

そう思った瞬間、

 

遠くの影がひとつ、

表裏のないままこちらを向いたような気がした。

 

「葬式は死と密接に繋がっている

というイメージが、

 

日本人のメンタリティに存在する限り、

 

毎年毎年生産され続ける死者にとっても、

やっぱり特別に気になる場なんだろう。

 

でも、まあ虫だよ」

 

師匠は鯨幕の見える方へ歩き始めた。

 

俺も続いて狭い道へ入る。

 

少し歩きにくい気がする。

 

うっすらとした影が踏んでいった場所が

ねとつくような。

 

喪服を着た人たちが大勢出入りしている

建物に着いた。

 

遠巻きに立ち止まる。

 

告別式が始まるのだろうか。

 

入り口で手招きする人に急かされて、

 

おばさんが数人小走りに、

俺たちの前を通り過ぎた。

 

黒い服の人々に混じるように、

 

輪郭の定まらない影たちも

葬式場へ入っていく。

 

異物。

 

そんな言葉が浮かび、

ひどく気分が悪くなった。

 

師匠はつまらなそうな表情で、

その光景を眺めている。

 

ふと、子供の頃に体験した、

不思議な出来事を思い出した。

 

「お葬式に行くのよ」

 

と母親に連れられて、

人が沢山いる場所に行った記憶。

 

随分早く着いたようで、

砂利が敷き詰められた敷地の中で、

 

初めて見るようなおじさんやおばさんたちと、

挨拶を交わす母親について回っていたが、

 

それもだんだん退屈になり、

 

「おしっこ」

 

と言ってその場を抜け出した。

 

一人で歩いていると、

 

立ち並ぶ大きな花の陰に、

手招きしている女の子がいる。

 

「遊ぼうよ」

 

と言うのである。

 

そして二人してあちこちを

探検して回った。

 

大人の気づかない

楽しい場所を探して。

 

やがて母親に見つかり、

 

「お焼香あげるのよ」

 

と連れ戻される。

 

あの子はどこに行っただろう

と振り返るけれど、

 

姿は見えなかった。

 

木屑みたいなものを

チロチロ燃える灰の中に落として、

 

顔を上げると、

 

匂いの強い花に囲まれた写真立ての中に、

さっきまで遊んでいた女の子がいる。

 

死ぬということがよくわからなかった頃。

 

それでも、

 

よくわからないままに、

なぜか少し悲しかった。

 

そんな思い出に浸っていると、

斎場がざわめき始める。

 

告別式が終わったようだ。

 

まだ1時間も経っていない。

 

昔は坊さんのお経が延々と続いて、

やたらと長かった印象ばかりあるが。

 

これも時代性なのか。

 

俺と師匠が見ている前で、

出棺のための霊柩車が回されてくる。

 

いつ見ても、

冗談としか思えないフォルムだ。

 

やがて見送りの多くの人々の前で、

白木の棺桶が車に積み込まれる。

 

その中で、

 

ハンカチで涙を拭くおばさんが

目に入ったが、

 

横顔をじっと見ていると、

演技だとわかる。

 

溜息が出そうになったが、

 

その時、

ハンカチを持ったその手に、

 

うっすらと輪郭のまとまらない影が

掻き付いているように見えた。

 

よく見ると、

 

喪服姿の人々の手のあたりに、

多くの影がまとわりついている。

 

吐き気がして口を押さえる。

 

影はのろのろと動きながら、

 

手の中でも指、

 

それも、親指を触ったり握り込んだり、

つまんだりしている。

 

されている人は気づかない。

 

これから発車しようする霊柩車を、

思い思いの悲しみ方で見守っているだけだ。

 

師匠の顔を見ると、

 

「くだらない」

 

と一言いって肩を竦めた。

 

霊柩車を見たら親指を隠せ。

 

そんな迷信が確かにある。

 

俺も小さい頃、

いつの間にかすり込まれていた。

 

迷信だとばかり思っていた。

 

目の前の光景に、

棒立ちの足が震える。

 

師匠が俺を見て、

 

「迷信だろうが、なんだろうが」

 

と言った。

 

「日本人のコモンセンスになってしまったものは、

死者にとってもそうなのさ」

 

※コモンセンス

常識や良識。

 

辛うじて人の形を模している影たちが、

昼ひなかの道路にうごめいている。

 

そして、

 

居並ぶ人々の親指を、

ひたすらいじっている。

 

まるで、

どうしていいか分からない様子で。

 

なんだかとても悲しくなった。

 

「小山田与清っていう

江戸時代の随筆家が、

 

『松屋筆記』の中で

こんなことを言っている。

 

親指の爪間から魂魄が出入りするために、

畏怖の時には握り隠すってね。

 

魂魄(こんぱく)

たましい。霊魂。

 

畏怖(いふ)

恐れおののくこと。

 

昔からある迷信なのに、

 

なぜ隠すのかって部分が

忘れ去られてしまっている。

 

教えてやれば、きっと喜ぶよ。

 

喜んで、親指の爪の間から

入り込もうとするよ」

 

気持ち悪い。

 

うごめく影。

 

甲高いクラクションの音。

 

白々しい涙。

 

黒と白の幕。

 

耐え難い吐き気と俺は戦い続けた。

 

(終)

次の話・・・「跳ぶ 1/2

原作者ウニさんのページ(pixiv)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ