鉄塔

鉄塔

 

師匠が変なことを言うので、

思わず聞き返した。

 

「だから鉄塔だって」

 

大学1回生の秋ごろだったと思う。

 

当時の俺はサークルの先輩でもある

オカルト道の師匠に、

 

オカルトのイロハを教わっていた。

 

ベタな話もあれば、

 

中には師匠以外からはあまり聞いたことが

ないようなものも含まれている。

 

その時も『テットー』という

単語の意味が一瞬わからず、

 

二度聞きをしてしまったのだった。

 

「鉄塔。

 

てっ・と・う。

鉄の塔。

 

アイアン・・・

なんだ、ピラァ?

 

とにかく見たことないかな。

 

夜中に見上げてると、

結構いるよ」

 

師匠が言うには、

郊外の鉄塔に夜行くと、

 

人間の霊がのぼっている姿を

見ることが出来るという。

 

どうして幽霊は鉄塔にのぼるのか。

 

そんな疑問の前に、

 

幽霊が鉄塔にのぼるという前提が

俺の中にはない。

 

脳内の怪談話データベースを検索しても、

幽霊と鉄塔に関する話はなかったように思う。

 

師匠は「えー普通じゃん」

と言って真顔でいる。

 

曰くのある場所だからではなく、

 

鉄塔という記号的な部分に

霊が集まるのだと言う。

 

近所に鉄塔はなかったかと思い返したが、

 

子供のころ近所にあった鉄塔が

真っ先に頭に浮かんだ。

 

夕方、学校の帰りにそばを通った、

高くそびえる鉄塔と送電線。

 

日が暮れるころにはその威容も

不気味なシルエットになって、

 

俺を見下ろしていた。

 

確かに夜の鉄塔には、

妙な怖さがある。

 

しかし、

霊をそこで見たことはないと思う。

 

師匠の話を聞いてしまうと

やたら気になってしまい、

 

俺は近くの鉄塔を探して

自転車を飛ばした。

 

いざ、どこにあるかとなると

自信がなかったが、

 

なんのことはない。

 

鉄塔は遠くからでも丸わかりだった。

 

住宅街を抜けて川のそばにそびえ立つ

姿を見つけると、

 

近くに自転車を止め、

基部の金網にかきついた。

 

見上げてみると、

送電線がない。

 

ボロボロのプレートに『○×線-12』

みたいなことが書いてあった。

 

おそらく移設工事かなにかで、

送電ルートから外れてしまったのだろう。

 

サビが浮いた赤黒い塔は、

怖いというより物寂しい感じがした。

 

というか、

日がまだ落ちていなかった。

 

近所のコンビニや本屋で時間をつぶして、

再び鉄塔へ戻った。

 

暗くなると俄然雰囲気が違う。

 

人通りもない郊外の鉄塔は、

 

見上げるとその大きさが増したような

気さえする。

 

赤いはずの塔は、

今は黒い。

 

それも夜の暗灰色の雲の中に

その形の穴が開いたような、

 

吸い込まれそうな黒だった。

 

風が出てきたようで、

立ち入り禁止の金網がカサカサと音を立て、

 

送電線のない鉄塔からは、

 

その骨組みを吹き抜ける空気が

奇妙なうなりをあげていた。

 

周囲に明かりがなく、

 

目を凝らして見ても、

鉄塔にはなにも見えない。

 

オカルトは根気だ。

 

簡単には諦めない俺は、

夜中3時まで座り込んで粘った。

 

『出る』

 

という噂も逸話もない場所で、

そもそも幽霊なんか見られるんだろうか、

 

という疑念もあった。

 

骨組みに影が座っているような

イメージを投影し続けたが、

 

なにか見えた気がして目を擦ると、

やっぱりそこにはなにもないのだった。

 

結局、

 

見えないものを見ようとした

緊張感からくる疲れで、

 

夜明けも待たずに退散した。

 

翌日、さっそく報告すると、

師匠は妙に嬉しそうな顔をする。

 

「え?あそこの鉄塔に行った?」

 

なぜか自分も行くと言いだした。

 

「だから、何も出ませんでしたよ」

 

と言うと、

 

「だからじゃないか」

 

と変なことを呟いた。

 

よくわからないまま、

昼ひなかに二人してあの鉄塔に行った。

 

昼間に見ると、

あの夜の不気味さは薄れて、

 

ただのサビ付いた老兵という風体だった。

 

すると、

師匠が顎をさすりながら、

 

「ここは有名な心霊スポットだったんだ」

 

と言った。

 

頭からガソリンをかぶって

焼身自殺をした人がいたらしい。

 

夜中、この鉄塔の前を通ると、

 

熱い熱いとすすり泣く声が聞こえる、

という噂があったそうだ。

 

「あの辺りに黒い染みがあった」

 

金網越しに師匠が指差すその先には、

今は染みらしきものは見えない。

 

「なにか感じますか」

 

と師匠に問うも、

首を横に振る。

 

「僕も見たことがあったんだ。

自殺者の霊をここで」

 

そう言う師匠は、

焦点の遠い目をしている。

 

「今はいない」

 

独り言のように呟く。

 

「そうか。

 

どうして鉄塔にのぼるのか、

わかった気がする」

 

そして、

 

陽を浴びて鈍く輝く鉄の塔を

見上げるのだった。

 

俺にはわからなかった。

 

聞いても「秘密」とはぐらかされた。

 

師匠が勝手に立て、

勝手に答えに辿りついた命題は、

 

それきり話題に上ることはなかった。

 

けれど、

今では鉄塔を見るたび思う。

 

この世から消滅したがっている霊が

現世を離れるために、

 

『鉄塔』という空へ伸びる、

 

シンボリックな建築物を

のぼるのではないだろうか。

 

長い階段や高層ビルではダメなのだろう。

 

その先が人の世界に通じている限りは。

 

(終)

次の話・・・「血(後編) 1/3

原作者ウニさんのページ(pixiv)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ