女の子が生まれやすい環境

電磁波、高周波、有機溶剤、X線、

放射線などの研究者や技術者、

 

また、アマチュア無線愛好家や

パソコン好きの人には、

 

女児が生まれやすいという話がある。

 

統計上明らかだと、

まことしやかに語られることもあるが、

 

データそのものが示されたことはない。

 

電磁波などが男女の出生に

影響するならば、

 

携帯電話やCRT、

電子レンジなどの急激な普及により、

 

世界的規模で統計に

現れてくるはずだが、

 

日本の人口統計によれば、

 

人口の男女性比は1965年前後から

男性の比率が大きくなり、

 

最近は「男性:女性は105:100」

で飽和している。

 

 

徳田忠成著『ハロー、こちら機長席』に、

 

筆者の航空自衛隊時代に知った

エピソードとして、

 

「強い電磁波を使用する、

 

対潜哨戒機の乗員の子供の

8割が女の子だ」

 

と記述しているが、

 

具体的な根拠はない。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ