ホテル地下のワイン倉庫にて 1/2

扉

 

20年ほど前の事になる。

 

フリーターをやっていた頃に、

ヨーロッパへ海外旅行に行った。

 

当時は海外旅行が珍しかった事もあり、

 

観光ではなく労働者ビザを取って

2年ほど滞在していた。

 

詳しい地名の公表は避けるが、

それなりに都会で治安も普通だった。

 

最初は日本でのバイト代の蓄えもあり、

 

借りたボロアパートに住みながら

なんとか食い繋いでいたけれど、

 

いずれ金が無くなるだろうし、

労働者ビザだったこともあり、

 

ホテルの厨房の雑用スタッフとして

住み込みで働き始めた。

 

そのホテルであった出来事。

スポンサーリンク

日本へ逃げ帰ることになったのは何故か・・・

そのホテルは昔から続いている老舗で、

改築を重ねて古さを感じさせない建物だった。

 

お客様も結構多かった。

 

規模的には田舎の大きなビジネスホテル、

という感じだろうか。

 

オーナーは優しい普通のおっさんだった。

 

俺は言葉も片言だし、

どこからどう見ても日本人だったが、

 

背に腹は変えられぬということで

お世話になっていた。

 

わりと順調に働いていたけれど、

 

住み込みスタッフには3~4人共同の

生活部屋が与えられていたが、

 

夜中に『人の話す声』が度々聞こえる。

 

当時住み込み部屋に住んでいたのは、

俺と同じくらいの青年と俺だけだった。

 

部屋はホテル1階の角部屋だったので、

フロントの話し声かなとも思っていた。

 

話し声は毎晩のように聞こえていた。

 

始めの頃は仕事や海外での生活で

いっぱいいっぱいだったので、

 

それほど気にならなかったのだが・・・

 

生活に慣れてくると、

次第に声が気になるように。

 

同じ部屋に居た青年に訊くも、

そんな声は聞いたことがないと言う。

 

オーナーに訊こうとも思ったが、

 

機嫌を損ねてクビになるとさすがにキツイから、

言い出せないままだった。

 

仕方ないので、

気にしないようにして働き続けていた。

 

そのうち厨房でもそれなりの仕事を

任されるようになっていった。

 

そんなある日、

 

ホテルの地下にあるワイン倉庫へ

ワインを取りに行かされた。

 

ワインの銘柄を結構覚えてきた頃で、

初めて一人でその倉庫に入ったが、

 

その倉庫の奥には鉄の扉があって

錠前が掛かっていた。

 

かなり開けていないのか、

錠前は錆び付いていた。

 

その時は仕事中だったこともあり、

さっさとワインを取って仕事場に戻ったが、

 

何度か倉庫に行っているうちに、

ふと気付いたんだ。

 

この扉の奥って、

ちょうど共同部屋の真下にあるな・・・と。

 

例の話し声については

気にならなくなっていたはずが、

 

その扉の事を意識した途端、

その声の存在が自分の中で大きくなっていた。

 

そしてある晩・・・

 

どうしても声が気になって

聞き耳を立ててみた。

 

今までどうして気付かなかったんだろう、

そう思った。

 

聞こえてくる話し声は、

ベッドに寝ている時が一番大きかった。

 

隣の部屋の壁に耳を当てても

そちら側ではなくて、

 

外からでもなく、

ベッドに耳を当てると声が一番聞こえる。

 

ではベッドから聞こえるのか?

と言ってもそうではなくて、

 

床に耳を当てるとボソボソと聞こえる。

 

それで「あそこか・・・」と思った。

 

そうしてつい行ってしまった。

 

ワイン倉庫に。

 

時間は午前1時頃。

 

深夜のホテルはフロントに2人居るだけで

静まり返っている。

 

慣れてきたとはいえ、

日本の家屋なんかと違って広いから、

 

昼間の喧騒とのギャップが凄い。

 

厨房から続くワイン倉庫の階段を降りると、

カツンカツンと靴の音だけが響いた。

 

俺はこんな所に住んでいたのか・・・

と思うくらい異質な場所だった。

 

ようやくワイン倉庫に辿り着く。

 

(続く)ホテル地下のワイン倉庫にて 2/2

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ