雨ガッパを着て片手には食べかけたおにぎり

おにぎり

 

これは、実際に幽霊を見たかもしれない体験談。

 

私の仕事は、某メーカーの下請け会社でトイレやユニットバスなどの修理をしている。

 

お盆の終わり頃、とある家のトイレを修理するために訪問した。

 

修理はすぐに出来そうで安心し、トイレのドアを開けたまま作業をしていた。

 

すると、後ろから「裏口も見てください」と声をかけられた。

 

年配の夫婦だけかと思っていたが、20歳くらいの女の子がカーキ色のカッパを着て、ズブ濡れで立っていた。

 

しかも、片手には食べかけたおにぎり。

 

「あ、はい。裏口ですか?」

 

私は娘さんかと思い、「雨降ってきたんですね」と言うと、女の子はコクと頷いて2階へ上がって行った。

 

修理が無事終わり、奥さんに「直りました。あの、裏口も見てほしいと娘さんに聞きましたが・・・」と言うと、「娘?」と聞き返された。

 

私は「はい。カッパを着て、おにぎり・・・」と言いかけたところで、ふと居間の横の和室を見ると、仏壇の横にさっきの女の子の遺影が掛かっていた。

 

そして仏壇には、おにぎりと卵焼きが置かれていた。

 

結局、奥さんと裏口を開けて確認すると、花壇の辺りにブチの猫が倒れていた。※ブチの猫とは、二つの毛色をもつ猫のこと。

 

奥さんが旦那さんにその話をすると、「すみません、お盆ですから」とだけ言われた。

 

そして昨日、数年ぶりにその家へ点検に行くと、あの時のブチの猫はその家で飼われていた。

 

ちなみにその当時、外に出てみると雨は降っていなく、道路もカラカラに乾いており暑かった。

 

たぶん私が見たのは幽霊なんだろう。

 

幽霊の雰囲気でよく聞く『白い服に長い髪で青白い顔』ではなく、肩くらいの髪の長さで、頬っぺたの血色がわかるような普通の女の子だった。

 

それに、遺影の写真より元気そうな感じで、今でも自分で見た光景が何だか信じられない。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2021年3月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

【特集】過去の年間ランキング

(2019年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2019年・怖い話ランキング20
(2018年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
アクセスランキング

このページの先頭へ